その他

女性が選ぶ!ダイエットにおすすめの体重計ランキング【2018年】

今の時代、ダイエットや健康管理に欠かせない『体重計(体組成計)』
機能もさまざまで、体脂肪はもちろん筋肉量や質まで測れるものなど、
種類も豊富です。

だからこそ、
「自分に合った体重計がどれなのかわからない」
という人も多いのではないでしょうか。

しかし、ダイエットを成功させるには、
自分の身体をしっかりと知り管理できる体重計がないと、
正確性やモチベーションも保てなくなりますよね。

そこで今回は、ダイエットしている女性のために、
自分に合った体重計選びのポイントや、
Smile Diet編集部の女性スタッフが本気で厳選した
ダイエットにおすすめの体重計ランキングをご紹介します。

あなたにぴったりの体重計が見つかると良いですね♪

体重計を選ぶときの5つのポイント

ダイエットを成功させるためには、しっかりと自分の身体を知る事が大切です。

そこで欠かせないのが体重計ですが、種類も豊富で迷ってしまいますよね。

では、数ある体重計から
「何を基準に選ぶと良いのか」そのポイントからご紹介しましょう。

 

1.体重以外に知ることができる情報量

体重計は体重さえわかれば良いという場合は別ですが、
ダイエットを成功させるためには体重だけでなく、
体脂肪や筋肉量にも着目していくことが大切です。

現代の体重計であればこのあたりの項目は大体備わっているのですが、
「基礎代謝」や「水分量」
などもダイエットをする上では知りたい情報といえます。

特に体重だけ落ちても筋力が落ちていては、
ダイエット成功とはいえませんよね。

だからこそ、知りたい項目がきちんと備わっているかを確認するのは、
大事なポイントです。

2.スマホと連動できるか

最近の体重計は、データをスマホで連動できるものが多く、

  • 自分自身がどのくらい痩せたのか
  • どんなリズムで体重が落ちているのか

などをスマホに転送し簡単に把握できます。

ダイエットは食事と同じく、
体重管理もきちんとレコーディングすることで、
意識が高まると言われています。

しかし、これを手入力で記録していくのは大変で続きませんよね。

ここでスマホと連動していれば、
体重計に乗るだけで負担も少ないので、続けやすくなります。

3.使い方がシンプルであるか

体重計によっては、
測定までにいくつもの設定をしてようやく測定に入ると、
今度は結果までに時間が掛かるものもあります。

そうすると「体重計に乗る事が面倒だ」と感じるようになり、
使わなくなってしまうことも少なくありません。

使い方がシンプルでわかりやすく、
体重計に乗るのが嫌にならないもの
を選びましょう。

4.価格に見合った商品内容かどうか

体重計は数千円でも購入できますが、
高いものだと数万円するものも少なくありません。

  • 調べられる項目数
  • デザイン
  • メーカー

このようなポイントから、体重計の価格はとても幅が広いのが現状です。

安すぎると知りたい情報が十分ではなかったり、
高価で精度が高くても自分自身が必要としない情報が多くて、
使いづらさを感じてしまいます。

「価格」と「自身が求める機能」がきちんと備わっているか
を確認することも大事なポイントです。

5.精度の正確性

そして、体重計の精度が高いかどうかもチェックポイントです。

体重自体はそこまで誤差は出ませんが、
体脂肪や筋肉量などは体重計によって大きく差が開きます。

そうすると、どの情報が正しいのか不安になり、
ダイエットのモチベーションも下がりますよね。

だからこそ、購入前にレビューなどをよく確認し、
口コミから体重計の正確さを確認しておきましょう。



女性におすすめの体重計ランキング

それではSmile Diet編集部の女性スタッフが本気で厳選した
おすすめの体重計(体組成計)を紹介していきます。

※価格・仕様は2018年12月掲載時の情報です。

【1位】タニタ BC-705N WH

”タニタ食堂”で有名なタニタは、
体重計のメーカーとしても人気のブランドです。

そんなタニタの体重計は、
体脂肪や筋肉量などダイエットに欠かせない7つの項目を、
自動でスクロール表示してくれるので見やすいのが特徴です。

また、乗るだけで電源が入り体重測をはじめてくれる
”乗るピタ”機能が付いているので、最速8秒で計測ができるのも使いやすいですね。

見た目もすっきりしていて、軽いのも嬉しいポイントです。

価格3,680円
サイズ幅278mm × 高さ36mm × 奥行285mm
重量約1.2kg
スマホ連動
計測項目体重/体脂肪率/BMI/筋肉量/内臓脂肪レベル/基礎代謝量/
体内年齢

【2位】オムロン HBF-214-PK

血圧計や体温計などヘルスケア商品で有名なオムロンの体重計の中でも、
ピンクのフォルムが可愛く計測が楽しくなりそうなのがこちらです。

体重計の中では比較的リーズナブルでありながらも、
計測項目は7項目と充実しており、
ガラス天板仕様でカラフルな4色展開をしています。

さらに、液晶スクリーンがとても大きく見やすい上に、
厚さ28mmの薄型設計でフラットなので、
手入れも簡単であることも人気のポイントです。

価格2,980円
サイズ約幅285mm×高さ28mm×奥行280mm
重量約1.6kg
スマホ連動
計測項目体重/BMI/体脂肪率/基礎代謝/骨格筋率/
内臓脂肪レベル/体年齢

【3位】RENPHO

ブラックにレッドの表示カラーが、
モダンでインテリアにもピッタリな体重計です。

正確な体組成分析が計測できるように、
4つの高精度センサーが付いているので正しい数値を把握することができます。

また、計測項目は11種類と充実している上に、
Bluetoothを使いスマホとの連動が可能なので、
自身データをしっかりと管理することができダイエットにはピッタリです。

さらに、USB充電方式なので電池交換がいらず、
体重計に乗るだけでユーザーを自動判別してくれるのも便利ですね。

価格3,499円
サイズ幅280mm×高さ25mm×奥行230mm
重量約1.2kg
スマホ連動
計測項目体重/BMI/体脂肪率/体内水分率/タンパク質/骨量/筋肉量/
体内年齢/基礎代謝量/骨格量/皮下脂肪

【4位】Cozylife ITO

デザインがシンプルで軽く、スタイリッシュな体重計として人気のこちらは、
なんと計測項目が18項目とかなり充実しているので、
じっくり自分の身体を向き合ってダイエットをしたい人にはおすすめです。

また、スマホと連動しているので体重管理も行いやすいのが特徴です。

さらに、専用アプリを使えばどんな食事や運動が必要か、
ダイエットの計画や方向性の目安にもできます。

ちなみに、日本のメーカーではありませんが、
説明書やアプリなどは日本語対応可能です。

価格3,299円
サイズ本体サイズ不明
外装サイズ:幅308mm×高さ45mm×奥行317mm
重量約1.27kg
スマホ連動
計測項目体重/BMI/脂肪なし体重/たんぱく量/たんぱく率/脂肪レベル/
体重管理/標準体重/筋肉量/筋肉率/からだの年齢/皮下脂肪率/
脂肪量/体脂肪率/体水分率/骨量/内臓脂肪レベル/基礎代謝率

【5位】dretec(ドリテック)BS-200BK

ドリテックの体重計は、
シンプルに体重だけを知りたいという人におすすめの体重計です。

だからこそ、強度にもこだわりガラストップのみで8㎜もあり、
最大200㎏まで測定できるのが魅力です。

女性はもちろん、家族全員で使いたい人にもおすすめですよね。

また、乗るだけで勝手に測定してくれるので、
体重を測る手間も少なくラクなのは嬉しいですね。

価格3,480円
サイズ幅321mm×高さ18mm×奥行321mm
重量約2.77kg
スマホ連動
計測項目体重

【6位】オムロン HBF-256T-BK

コンパクトなボディの中に、
ベーシックな機能をしっかりと備えたオムロンの体重計は、
計測時に前回のデータを一緒に比較できる便利な機能が付いています。

「OMRON connect(オムロン コネクト)」という独自のサービスと連携し、
測定データを転送して体重や体脂肪率を確認・管理することができるので、
フィードバック効果も期待できる体重計です。

また、iPhoneユーザーであれば、
「ヘルスケア」と同期する事もできるので便利ですよね。

価格11,013円
サイズ幅327mm×高さ30mm×奥行249mm
重量約1.7kg
スマホ連動
計測項目体重/体脂肪率/骨格筋率/内臓脂肪レベル/体年齢/基礎代謝/BMI

【7位】Eteki EB4010J

プチプラなのに性能もよく、
乗るのが楽しくなるようなピンク色がどんな部屋にもマッチする、
女性に人気の体重計です。

また、なんといってもコンパクトなので、
置き場を選ばずいつでも計測できるのが良いですね。

コンパクトでも液晶は大きく見やすいので、
立ったままでも計測がしやすいのもおすすめのポイントです。

また、こんなに可愛いのに50g単位で計測ができるので、
ちょっとした体重の変化にも素早く気付くことができる上、
今ならもれなくメジャーも付いてくるのでダイエットの準備がバッチリできますね。

価格1,780円
サイズ幅260mm×高さ22mm×奥行210mm
重量約1.06kg
スマホ連動
計測項目体重

【8位】タニタ RD-906 BK

高性能の体重計は欲しいけど、
数万円する体重計を買うには躊躇してしまう人におすすめしたいのが、
タニタの RD-906 BKです。

体重計といえば、筋肉量が測れるものは珍しくありませんが、
こちらは年齢や生活習慣で変化しやすい筋肉の質が点数となって現れます。

食事制限だけのダイエットではなく、
運動をしながらダイエットをしたい人には特におすすめです。

また、国内メーカー初の「デュアル周波数」というプロフェッショナル体組成計と
同じ精度が自宅で試せるのも魅力です。

もちろん、スマホとも連動しているので、
データ管理のしやすさもおすすめの理由です。

価格13,679円
サイズ幅328mm×高さ31mm×奥行298mm
重量約2.1kg
スマホ連動
計測項目体重/BMI/体脂肪率/筋肉量/筋質点数/推定骨量/
内臓脂肪レベル/基礎代謝量/体内年齢/体水分率
※基礎代謝量・体内年齢・体水分率は専用アプリにて確認可能

【9位】1byone

1byone の体重計は、
『1byone ヘルスケア』という専用アプリに連動できるのはもちろん、
iPhoneならヘルスケアにも連動可能です。

さらに、Facebook、Twitterなどにも共有でき、
ダイエットのモチベーションをキープできるのがよいですね。

また、ベビーモードにすると大人の体重を自動で差し引いてくれるので、
赤ちゃんやペットなどの体重を計測することもできます。

価格3,299円
サイズ幅300mm×高さ27mm×奥行300mm
重量約2.29kg
スマホ連動
計測項目体重/体脂肪率/体水分率/推定骨量/基礎代謝量/
内臓脂肪レベル/BMI/筋肉量

【10位】タニタ 体重計 アナログ ブルー HA-851 BL

デジタルの体重計が多い中、
アナログが逆にレトロで可愛くリーズナブルで人気の体重計です。

まさに、シンプルイズベストなアイテムで体重しか測れなくても、
きちんと自分でメモリを確認できる信頼性が人気の秘訣です。

また、なによりも価格が圧倒的にリーズナブルなので、
体重だけをシンプルに管理したい人にはおすすめです。

価格812円
サイズ幅273mm×高さ54mm×奥行277mm
重量約1.6kg
スマホ連動
計測項目体重

おすすめ体重計のまとめ

いかがでしたか。

今回は体重計の選び方や、
ダイエットにおすすめの体重計をご紹介しました。

体重計といっても価格はもちろん、
機能やデザインなど様々な種類があることがよくわかりましたね。

どれを選べば良いかわからない時こそ、その体重計に備わっている機能が

  • 自分にとって本当に必要なのか
  • それに見合った価格であるか

を考慮して選ぶことがポイントです。

また、ダイエットの為に体重計を購入する人は、
体重計に乗る事が面倒にならないよう、
使いやすさも確認しておくことで、体重計に乗る習慣がスムーズに作れます。

そうして、毎日使える体重計を手に入れることが、
ダイエットを成功へ導くといえるのです。