Smile Diet [スマイルダイエット]

女性を応援するダイエット情報サイト

その他

ダイエットが続かない?モチベーション維持の鍵とは

更新日:

スポンサーリンク

ダイエットをはじめる前に

スポンサーリンク

 

ダイエットをこれから始める方、色々試したけれど続かない方、
ダイエットのモチベーション維持について一緒に考えてみましょう。

 

どんなダイエット法をするかよりも、実はモチベーションの維持の方が大切だったりします。

 

ダイエットが続かない原因と対策、痩せるメカニズム、人の心理などを
少し掘り下げてみてみると自分にぴったりなダイエット法が見えてくるかもしれません。

 

ダイエットが続かない理由は?

ダイエットのモチベーションアップ法の前に、
まずは続かない理由を探っていきましょう。

 

理由を知ることで、効率を上げたり対策も打ちやすくなります。

 

ダイエットのモチベーションが保てない理由を実体験や友人の話、口コミをもとにまとめてみると…

・効果がなかなか出ない
・無計画
・選択ミス
・基本的な事を怠る

 

この4つが主な原因のようです。

 

4つの具体的な例を挙げると以下のような事があります。

 

◆効果がなかなか出ない

ダイエットをやめてしまう1番の原因がコレではないでしょうか。

ダイエットを始めても、急に体重が激減することはなかなかあり得ません。

 

方法にもよりますが、大体どれも効果が感じられるのは3か月ほど過ぎてからのようです。

 

逆に短期間で急激な減量を可能とさせるようなダイエット内容は、
体調不良を引き起こしたり、リバウンドの可能性が高くなるので避けたほうが無難です。

 

まず、「効果が出始めるのは最低でも3か月後から」だと思うだけでも、
焦りや失望感を軽くすることができます。

私も実際に、マンションの階段利用と軽い筋トレを始め、
4か月目に突入したあたりから見た目の変化を実感し始めました。

 

また、体にはホメオスタシス機能というものが備わっています。

 

ホメオスタシス機能は体の防衛反応のようなもので、
体重が落ちると生命の危機(飢餓状態)だと感じ、その機能が発動すると言われています。

 

ホメオスタシス機能が働くと、体は栄養を溜め込みやすく消費しにくいように変化する、
つまり太りやすく痩せにくい体へと変化すると考えられています。

 

ダイエットの際に直面する停滞期の正体は、このホメオスタシス機能だと言われており、
体重の約5%が減ったころから始まるとされています。

 

急激な減量を行なうと、ホメオスタシス機能が働きやすくなるため、
リバウンドを避け減量した体重を定着させるためにも、焦らずじっくりとダイエットを行なうことが成功の秘訣となります。

 

◆無計画

・SNSで見かけたから
・好きな芸能人や友達がやっているから
など、なんとなくダイエットを始めても続きにくいものです。

 

人は心理学的に見て、目標が無かったり何処に向かっているか分からない場合、
やる気を出すことも維持することも難しいとされています。

 

ダイエットのモチベーションを保つためには、

・何か月で何キロ痩せるのか
・そのダイエット法を1日どのくらい取り入れるのか
・どれだけの期間続けるのか

など具体的に計画を立てましょう。

 

逆に高すぎる目標も挫折の原因となり得ます。

極端な食事制限や過度な運動は、
心身ともに疲れが溜まるだけでなく、早々の停滞期突入やリバウンドの可能性も高まります。

 

1か月5%ほどの減量がリバウンドの確率も低くなり、理想的とされています。

 

ダイエット計画を立てる際には、
過度なものではなく1か月に2~3キロの減量、そして半年ほど続けられる内容がオススメです。

 

焦ったり、三日坊主にならないよう、コツコツ続けることが肝心です。

 

◆選択ミス

辛い、楽しくないダイエット法はなかなか継続が難しいです。

ダイエットを決意した当初は、誰しもテンションが高くなりがちです。

カロリー消費の激しい運動を選んだとしても、続けなければほぼ意味を成しません。

 

私の友人で、
「突然ジム通いを決意し週5で通ったが1か月で燃え尽きた」
「知人に誘われてジョギングを始めたが三日坊主だった」という人が居ます。

 

ダイエット法が合っていないと結果が出る前に止めてしまったり、ストレスでお菓子をたくさん食べてしまう・・・なんて事にも。

 

他にも、
・継続にお金がかかる
・通うのに時間が掛かる
・天候が大きく影響するものも続けにくい
という声が多いようです。

 

ダイエット法を選ぶ際には、半年ほど少なくとも3ヶ月は続けられそうなものを選んでくださいね。

 

◆基本的な事を怠る

意外と基本的な事をうっかり忘れてしまうダイエッターさんも居るようです。

 

ダイエットの基本は「消費カロリー>摂取カロリー」です。

運動を頑張ったとしても、摂取カロリーが多ければ痩せるどころか、太ってしまいます。

 

・ランニングを始めたけれど間食を止めない
・夜遅い時間に食事や夜食をとっている
・空腹時にGI値の高いもの(血糖値が急上昇するもの)を食べる
・炭水化物が多い
など心当たりはありませんか?

 

毎週泳ぎに行っているけれど全く痩せないと言う友人がいますが聞いてみると、
・帰宅が遅く夕食は夜中12時近く
・チョコレートなど甘いものが好き
・朝食を抜くことが多く代わりにお菓子を食べることがある 等々。

 

体内に存在するBMAL1(ビーマルワン)というたんぱく質は、
脂肪の蓄積に大きく関係していると言われています。

 

BMAL1(ビーマルワン)は、体内時計の調整機能がある遺伝子で、脂肪を蓄える働きがあります。
その働きのピークは夜22~深夜2時ごろだそうです。

 

遅い時間に食べると、それだけ太るリスクも高まるという事になります。

 

空腹時は体内への吸収が良くなっているため、糖質の高い食べ物は避けたいものです。

急激な血糖値の上昇は、体内でのインスリンの分泌が活発となり、脂肪の生成が早まると考えられています。

インスリンは血糖値を安定させる手段として、
血液中の糖質を脂肪と結びつけるため、急な血糖値の上昇は太りやすい原因とされています。

 

運動をしていても、
・食べ過ぎない
・夜遅くに食べない
・血糖値の急上昇を避ける
といった事を怠ると、本末転倒という事になりかねません。

 

ダイエットのモチベーションUP法

スポンサーリンク

 

次はダイエットのモチベーションの維持について、合う方法を探していきましょう。

意外にもあまり難しいものはなく、すぐにでも取り入れられそうなことばかりです。

 

小さな目標を細かく立て、達成感を味わう

失敗例として「無計画」を挙げましたが、ダイエット計画を立てる際にオススメなのが
大きな目標と一緒に小さく簡単な目標も立てることです。

小さな目標、例えば
「間食を1日しない」「1週間マンションのエレベーターを使わない」
など簡単なもので大丈夫です。

達成感を得ることで、ダイエットが楽しくなり続けやすくなります。

 

ダイエットだけでなく、スポーツや勉強でもモチベーションの維持のために、
小さな目標を立てることは良いそうです。

大きな目標だけだと心が折れそう、
そんな時には小さな目標をクリアし、自分を鼓舞してみてください。

 

スマホ連動体重計の利用

Bluetooth対応で、スマートフォンにデータを自動送信可能な体組成計が最近人気を得ています。

目に見える形でダイエットの成果をまとめるのも、モチベーションの維持に有効です。

 

毎日手書きでデータを記録するのはなかなか面倒です。

自動でスマートフォンがまとめてグラフにしてくれるものであれば、手間も省けて確認も簡単になります。

ダイエット成功者の多くはこまめに体重を記録しているようです。

 

SNSでダイエット宣言をする

ダイエットを宣言してしまえばやめにくくなり、応援で勇気づけられることも。

ダイエット用のブログや、ツイッターのアカウントを作るのも手です。

匿名でビフォーアフターの写真をアップするのも楽しいのでオススメです。

 

ダイエット宣言で、一緒にジョギングやジムに通う友人が見つかることもあります。

ダイエットに楽しさをプラスすることもでき、ストレスの軽減にも繋がります。

 

早寝早起き

早起きは三文の得と言いますが、早寝早起きはダイエットにもメリットがあるようです。

朝日を浴びるとセロトニンの分泌が促されると考えられており、
自律神経を整えたり、ストレスや空腹感の軽減などに良いそうです。

基礎代謝も良くなり、早く寝ることで夜中の飲食を避けることもできます。

 

ダイエットの大敵、ストレスによるドカ食いの対策にも良さそうですね。

遅い時間の飲食は太るだけでなく、自律神経の乱れや慢性疲労の原因にもなるそうなので、
ダイエットと健康のために早寝早起きを取り入れるのは、良いかもしれませんね。

 

水着や少し大胆な服を買う

休暇に海や温泉に行くなど、痩せないと困る計画を立てて危機感を持つのもオススメです。

ノースリーブやミニスカートなどを購入してしまうのも、効果的かもしれませんね。

少し金額の張るものであれば、なおさらダイエットをやめるわけにもいきません。

 

ダイエット計画に数字だけでなく、「旅行で水着を着る」などの項目もプラスしてみてはいかがでしょうか。

危機感だけでなく、ダイエット達成のご褒美にもなると思います。

参考記事【ダイエット停滞期】モチベーションUP法

 

原因と対策、モチベーションUP法でダイエットを楽しく!

ダイエットが続かない心当たり、そして楽しそうな対策法はありましたか?

 

難しいことではなく、簡単な事をコツコツ続けることがダイエットの近道のようです。

急がば回れではないですが、抜け道は無いと思ってマイペースに継続させましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-その他
-, , ,

Copyright© Smile Diet [スマイルダイエット] , 2018 All Rights Reserved.