Smile Diet [スマイルダイエット]

女性を応援するダイエット情報サイト

その他

産後ダイエットを成功させるには?痩せるタイミングや方法を紹介

投稿日:

産後ダイエットとは?

スポンサーリンク

 

妊娠前に比べ、妊娠中は皮下脂肪を蓄えやすくなり、太りやすい体になります。

「出産後は自然に元に戻るだろう…」と考えるママさんも多いと思いますが、
実際はそう上手くはいきません。

 

実際に妊娠した時の体重は、
「胎児の重さ+胎盤・羊水・血液・皮下脂肪」で8~15kgほど増えます

しかし出産後に減るのは、5kg分です。

出産後に太ってしまうのも無理はありませんね。

 

そこで注目したいのが、
出産後にダイエットに臨む『産後ダイエット』です。

 

命がけの出産を終えた後ではありますが、
そのままにしておくと、さらに太りやすい体になってしまい、
ダイエットも大変になっていきます。

子育てで忙しくなるママさんにもできる、簡単な産後ダイエットを紹介します。

 

産後ダイエットを始めるタイミング

出産は体に大きな負担をかけます。文字通り、命がけの行為です。

そんな命がけの出産を終えた後、
すぐにダイエットができるかといえばそうではありません。

出産後の体のダメージは、
『交通事故並み』と比喩されるくらい体にダメージが残っています。

 

まずは体力回復を優先して、
栄養価バランスのよい食事を摂ることから始めることが大切です。

 

産後ダイエットを始めるタイミングは、
1ヶ月ほど経過した頃が目安です。

 

1ヶ月検診を問題なく終え、
自身の体調の回復が安定し始めた際に、始めてみてはいかがでしょうか。

 

ダイエットを開始する際は、急に食事制限や激しい運動をするのではなく、
徐々に体づくりをし、無理をしないようにしてください

 

出産前の体型に戻るまでの期間

妊娠中にしっかり皮下脂肪を蓄えてしまった体を見ると、落胆してしまいますよね。

しかし、妊娠中は太りやすい期間であっても、
出産後すぐは、徐々に体重が戻る仕組みになっています。

 

とくに産後1ヶ月から6ヶ月間が最も痩せやすい時期と言われています。

6ヶ月の間は、体が妊娠中に蓄えた脂肪を外へ排出しようとするため、
ダイエットを意識することで、さらに効率よく元の体型に戻すことができます。

 

しかし体重が仮に元に戻っても、体型までは元には戻りづらいのが事実…。

 

体型が元に戻らない理由は、骨盤の歪みや出産後の食事の摂り方にあります。

 

妊娠・出産により骨盤が歪む

出産の際、赤ちゃんが産道を通るために「骨盤」が開きます。

一度骨盤が開くと、
骨盤周りの筋肉や靭帯が伸びて、なかなか元に戻すのが難しくなります。

しかし骨盤が歪んだ状態のままにしておくと、皮下脂肪を蓄えやすくなり、
内臓も下に落ちてしまい、下半身太りの原因になりやすくなります。

 

基礎代謝が低下している

妊娠中は身動きも取りづらく、安静に横になっていることも多いですよね。

普段の私生活以上に運動不足になりやすいので、基礎代謝も自然と落ちてきてしまいます。

出産後も基礎代謝が落ちたままの場合、
普段の食事を摂っただけでも太りやすくなってしまうのです

 

カロリーオーバーな食事を摂りがち

妊娠中は食欲が増しやすくなるので、食欲を抑えて食事量をコントロールしたり、
食べたいものを我慢していたママさんも多いはず。

出産後に基礎代謝が落ちた状態で、好きなものを好きなだけ食べてしまうと、
太ってしまうのも仕方ないですよね。

 

また授乳期は子どもの世話で忙しくなるので、
自分の食事のバランスや私生活のサイクルも崩れがち…。

体重が元に戻っても、
子育てによる食生活の変化や、体の変化によって体型が変わってしまいやすいのです。

スポンサーリンク

おすすめの産後ダイエット方法5つ

産後ダイエットにおすすめの方法を5つご紹介します。

1ヶ月検診を問題なく終え、医師に相談の元おこなってみてくださいね。

 

骨盤矯正ダイエット

妊娠・出産で歪んだ骨盤は正しい位置に戻すことで、
腰痛や出産後のぽっこりお腹をすっきりとさせることができます。

とくに産後6ヶ月までは骨盤が柔らかい状態のため、
骨盤矯正が成功しやすくおすすめです。

6ヶ月を過ぎてしまうと、
骨盤が歪んだまま閉じて矯正しにくくなるので注意しましょう。

 

産後ダイエットで骨盤矯正を行う際は、プロの整体を受けたり、
腰に巻くだけで骨盤修正ができる「骨盤ベルト」などを利用すると、
簡単に骨盤矯正が行えます。

 

骨盤ベルトであれば、忙しい家事や子育ての合間にダイエットができるのでおすすめです。

 

参考記事運動も食事制限もいらない?骨盤矯正ダイエットとは!?

 

ウォーキングダイエット

産後1ヶ月を経過すると、赤ちゃんと一緒にお出かけする楽しみも増えます。

そこでおすすめなのが『ウォーキングダイエット』です。

ウォーキングは有酸素運動になるので、
蓄えた皮下脂肪を燃焼させることができます。

また、出産後の筋肉の低下も回復させることができるため、おすすめです。

参考記事ダイエットの王道!?ウォーキングで健康的に痩せよう!

 

ドローイングダイエット

出産後、授乳期を迎えているママさんにもおすすめなのが、
『ドローイングダイエット』です。

 

ドローイングとは、
腹式呼吸をしてお腹周りのインナーマッスルを鍛えるダイエット方法です。

①まずお腹を空気で満たすように鼻から大きく吸い込む
②息を止める
③お腹が凹むまで口からお腹の空気を吐き切る
④お腹を凹ましたまま30秒間キープする

インナーマッスルを意識することで筋肉が刺激され、
脂肪燃焼や、低下した代謝アップに効果的です。

 

和食ダイエット

産後は子育てに忙しいママさんも多いですよね。

食事はスーパーの総菜や、デリバリーで済ましてしまう方も少なくないはず…。

気づかないうちにカロリーオーバーにならないように、
食事は低カロリーの和食を選ぶのがおすすめです。

和食は手間がかかるイメージもありますが、
最近ではコンビニで豆腐や納豆、煮物などの和食の総菜を多く取り扱っています。

料理をつくる気力がおきない時や、ちょっとラクをしたいときは、
コンビニやスーパーの和食の総菜をチェックしてみてください。

 

酵素ダイエット

産後に迎える授乳期は、妊娠中の食欲の欲求がピークに達するとき。

空腹に耐えきれず、
つい甘いお菓子へ手が伸びてしまうママさんも多いですよね。

そこでおすすめなのが、『酵素ダイエット』です。

産後は食欲があっても、体力を大きく消耗している状態です。

バランスのよい栄養補給という点でも、
酵素ドリンクなどを積極的に活用することをおすすめします。

 

帝王切開時の産後ダイエットについて

出産後に骨盤が歪むという話をしましたが、
帝王切開で出産した場合はどうでしょうか?

帝王切開は自然分娩に比べて体力の回復に時間がかかります。

産後すぐに腹式呼吸のドローイングやウォーキングを行うと、
傷口が開く可能性があり大変危険です。

 

本格的に産後ダイエットを始めるなら、産後2ヶ月~3ヶ月後がおすすめです。

また体調の回復は個人差があるので、2ヶ月~3ヶ月経過しても、
必ず医師と相談して産後ダイエットに挑むようにしてください。

 

帝王切開で出産した場合、
自然分娩のように骨盤が歪まないかといえば、そうではありません。

実は女性ホルモンの影響で、産道を通らなくても妊娠すると開いてしまうのです。

帝王切開で出産した方も、ぜひ骨盤矯正骨盤ベルトを活用してみてください。

 

また、帝王切開の場合、
お腹をかけすぎない適度な運動「産褥運動(さんじょくうんどう)」
を取り入れるのもおすすめすです。

疲労回復や、骨盤の引き締め効果にも期待できますよ!

ただし、行う前に必ず医師に相談してから始めてくださいね。

 

まとめ

「産後はなかなか元の体型に戻らない」
と悩むママさんも多いと思いますが、自分の体調に合わせて、
少しずつ産後ダイエットを取り入れてみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-その他
-,

Copyright© Smile Diet [スマイルダイエット] , 2018 All Rights Reserved.