その他

眠るだけで痩せる!睡眠ダイエットの効果とやり方

最近話題となっている、
『睡眠ダイエット』をご存知ですか?

眠るだけで痩せる仕組みには、
いったいどのような方法があるのでしょうか。

そこで、ここではそんな「睡眠ダイエット」についてご紹介致します。

睡眠とダイエットは関連している?


睡眠中は、「成長ホルモン」や、
脂肪の分解を促進してエネルギー供給する「コルチゾール」
というホルモンの分泌により、およそ300kcal消費されます

しかし、充分な睡眠が取れていない場合、
消費されるカロリーが減ってしまうのです。

さらには「グレリン」というホルモンが増すことで、
食欲が増して太る原因に…。

そこで、睡眠ダイエットの方法を知って、痩せやすい体を作りましょう。

睡眠ダイエットの効果・メリット


「睡眠ダイエット」には様々な効果やメリットがあります。

しかし、実際具体的な内容を知らない方の中には、
半信半疑の方も多いのではないでしょうか?

 

1.太りにくい体を作る

寝る時間帯によってホルモンの分泌量は異なります。

規則正しい生活で寝る時間帯を意識し、質のよい睡眠を取ることで、
ホルモンの分泌に繋がり、太りにくい体を作ることが出来ます。

2.むくみ改善

むくみは水太りを引き起こす原因になるため、
ダイエットを成功させるには、まずはむくみ改善をおすすめします。

睡眠は消化を活発にするための重要な時間ですので、
むくみを解消するには質のよい睡眠を取ることが効果的です。

3.免疫力アップ

寝不足は免疫力を低下させる原因になります。

そのため、睡眠ダイエットによって睡眠時間が増えると、
免疫力アップにも繋がります。

4.美容効果

睡眠はダイエットだけではなく、美容にも効果を発揮します。

成長ホルモンにより肌の新陳代謝が活発になるのは、
入眠から3~4時間と言われています。

しっかり睡眠時間を取ることが大事。

睡眠ダイエットのやり方

「睡眠ダイエット」のやり方は、
まず『寝る時間帯を決めること』から始めます。

人によって最適な睡眠時間は異なります。

起きる時間を考えた上で、
「何時間寝たらすっきり起きれるか」ということを明確にしましょう。

 

そして、より質の良い睡眠を取るには、

  • 夕方以降はカフェインを摂らない
  • 寝る3時間前にはお酒を飲まない

などを意識して生活することをおすすめします。

 

入浴する時間も質の良い睡眠に深く関係しています。

就寝の1~2時間前の入浴がベストです。

そして朝は日の光を浴びることで、
生活のリズムが整い、質の良い睡眠に繋がります。

睡眠をサポートするアイテムをご紹介★

”質の良い睡眠”をとるための睡眠時間、入浴時間、注意事項を
ご紹介いたしましたが、ここで「睡眠をサポートするアイテム」をご紹介!

 

1.東京西川「エアー」マットレス

まずは寝床から!

このマットレスは数々のアスリートが使用している商品で、
表面の凸凹の構造が体圧を分散させることによって、
寝返りがスムーズで、圧迫感なくリラックスした睡眠をサポート。

ウレタンが通気促進するので、湿気や汗を逃してくれます。

少々お値段はしますが、マットレスタイプなので、
床や畳に直接敷いても、今使用しているマットレスに重ねてもOK!

腰痛に悩んでる人にもおすすめです。

 

2.安眠塩枕

夏の寝苦しい日にオススメなのがこの枕。

塩は瀬戸内海の塩で、熱を取り除く効果があります。

快眠には頭を少し冷やすと良いと言われているので、
まさしく「頭寒足熱」ですね。

竹炭とトルマリンが入っているので、抗菌・招集効果あり!

低めになっているので、二つ折りにしてもOKですし、
寝苦しい日だけいつも使ってる枕の上に乗せるのもOK!

ちなみに使わなくなったら草がらしにも使用できるそうです。

 

OMRON ねむり時間計 Sleep Design lite

この商品は、寝返りなど寝具の動きを検出して眠りを測定するものです。

使い方はとっても簡単!起床時間をセットして枕に置くだけ!

それだけで寝付くまでの時間~起きるまでの寝ていた時間を測定。

Androidのスマホアプリで管理もできます。

「スッキリアラーム」という機能が優れもので、
アラーム設定時間前の体の動きから、眠りが浅くなったタイミングで
アラームを鳴らしてくれるので、スッキリとした目覚めが可能。

二度寝してしまう方にもオススメです!

 

3.Dreamegg ホワイトノイズ スピーカー

いびきや歯ぎしり、話し声やテレビの音。

寝たくても気になってしまって寝つけないこともありますよね。

そんな時に活躍するのがこの商品。

ノイズ音3種のピンクノイズ・3種のホワイトノイズ・1種のブラウンノイズ
ファン音7種のファン音
自然音小鳥の囀り・海の波打ち・母の胎内音・睡眠オルゴール・
川のせせらぎ・虫の鳴き声・夏の雨と雷

全21種類の音が収録されており、
音量調節可能・タイマーやナイトライト付きです。

「サー」と音がするホワイトノイズは、あらゆる周波数帯を含んでおり、
人間は与えられた周波数を一度にしか処理できないことを活かして、
これを聞いていると他の騒音が目立たなくなるというもの。

USBケーブルで給電でき、イヤホン対応なので、
外出先で集中したいときに使用することもできます。

泣きやまない赤ちゃんには、母親の血液の音に似ているという
ピンクノイズやホワイトノイズ、そして母の胎内音もあるので、
赤ちゃんに安心感を与えます。

ナイトライトは、
夜中の授乳やオムツ交換の際に便利な優しい暖色。

小さなお子さんを持つお母さんにもオススメな商品です!

 

4.眠+(ミンプラス)Ⓡ おやすみレッグウォーマー 裏起毛フットカバー付

女性に多い冷え性。足元は時に冷えがちです。

冷え性の人は靴下を履く方が多いと思いますが、
靴下は足の裏を塞いでしまうので、汗を放熱できません。

ぐっすり眠るには、足首を温めて足の裏から汗を放出し、
その汗で血液の温度を下げて眠りを深くする必要があります。

そこで最適なのが、レッグウォーマーです!

足首をしっかり温め、足先はきちんと放熱できます。

この商品はかかとまでついているので、
くるぶしまで覆って温めることができるのです。

裏起毛のフットカバー付きですので、
お風呂上りはこれを上から履き、
寝る際には脱いで足裏から放熱させてくださいね!

 

5.パナソニック 目もとエステ ピンク EH-SW50-P

1日1回(約12分)で目元を集中保湿できるのがこの商品。

スマホやパソコンで疲れた目を癒してから眠りませんか?

この商品は2種の温度から選べ、
エステティシャンの手技に学んだリズムタッチも2種あるので、
その時の疲れ具合で選んでみてください。

寝る前はもちろん、帰宅した際や休憩中にも使用でき、
仰向けならそのまま乗せ、バンドを使用すれば座ったままでも使用可能。

目元をじんわり温めるスチームと、
心地よいタッチで寝る前にリラックスできます♪

 

6.D-LOOP あったか 着る ブランケット ロング丈

寒い季節には重宝するブランケット。

この商品はまさしく「着るブランケット」です!

ロング丈で足元まで暖かく、
もっさりしすぎない厚みなので動きやすい。

それなのにとても暖かい優れもの。

大き目のポケットがついていて、
色や柄はどれもシンプルなのに可愛く、お値段もお手頃。

お風呂から上がって寝るまでの時間は、
着るブランケットで体を冷まさないようにしてはいかがでしょうか。

ダイエットに効果的な痩せホルモンとは?


”質の良い睡眠”やグッズについてご紹介してきましたが、
「睡眠ダイエット」に深く関係している”痩せホルモン”について、
お話していきます。

ダイエットに効果的な痩せホルモンには、様々な種類が存在します。

 

【レプチン】

レプチンは食欲を抑える効果のあるホルモンです。

それだけではなく、取り込んだエネルギーを使うように働きかけるので、
脂肪が溜まりにくい体を作ります。

【GLP-1】

こちらもレプチン同様、食欲を抑える効果のあるホルモンです。

さらに、胃から小腸へ食べ物を送るのを遅らせ、
血糖値の上昇を抑える働きがあります。

【エストロゲン】

エストロゲンは女性ホルモンであり、女性らしい体を作る働きがあります。

生理が終わると痩せやすくなるのは、このホルモンの影響が大きいです。

【成長ホルモン】

成長ホルモンには脂肪を燃焼させやすくする効果があるので、
ダイエットには必要不可欠なホルモンです。

運動や睡眠で分泌が活発になります。

【コルチゾール】

コルチゾールはエネルギーを消費する働きがあるホルモンです。

1日の中で余ったエネルギーは、
コルチゾールによって脳が消費してくれます。

睡眠ダイエットの注意点!


「睡眠ダイエット」には様々な効果があることがわかりましたが、
行なう前に知っておくべき注意点があります。

 

1.睡眠の取り過ぎ

睡眠ダイエットは、
ただ寝る時間を増やせばいい訳ではありません。

重要なのは質の良い睡眠を取ることであり、
睡眠時間を増やすと逆に太りやすくなる可能性もあります。

睡眠ダイエットに効果的な睡眠時間は、7時間から8時間です。

9時間以上睡眠を取ると、
逆効果になってしまうため注意が必要です。

2.昼夜逆転

ダイエットに欠かせない成長ホルモンの分泌は、
入眠から3~4時間の間に活発になります。

また、昼夜逆転の生活をすると体内のリズムが崩れ、
成長ホルモンが活発に分泌されずに太りやすい体になります。

3.タンパク質不足

成長ホルモンは、食事制限などでタンパク質が不足すると、
タンパク質でできている成長ホルモンの分泌が妨げられてしまいます。

睡眠ダイエットを行なう際は、タンパク質を充分に摂取しましょう。

4.就寝前のスマホやパソコン

睡眠ダイエットにとって重要となる質の良い睡眠は、
就寝前にリラックスすることが重要な鍵となります。

就寝前にスマートフォンやパソコンの画面を見ると、
睡眠の質が悪くなります。

そのため就寝前は出来るだけ、
スマートフォンなどの操作をすることは避けましょう。

正しい方法で睡眠ダイエットを始めよう!

「睡眠ダイエット」には、
痩せホルモンが深く関係しています。

半信半疑だった方も、試してみたくなったのではないでしょうか。

正しい方法で睡眠ダイエットを行なうことで、
健康的にスリムな体を手に入れましょう!