その他

痩せる薬?ダイエット薬の効果って本当にあるの!?

「運動もせず、食事制限もせず、なんの苦労もなく痩せる」
なんて夢のような薬があったらどうしますか?

今や、ダイエット市場の何兆円ものお金が動く巨大マーケットとなっており、
その中にはダイエット薬も含まれます。

今回は、世の中に出回っているダイエット薬をご紹介します。

そもそもダイエット薬とサプリメントの違いってなに?


世の中にはたくさんのダイエット薬やサプリメントがありますが、
その違いについてご存知でしょうか。

【サプリメント】

「健康食品」の一種で、栄養補給の補助的な役割を果たし、
医師の処方箋がなくても購入できます。

そのため、ドラッグストアなどで手に入れることが可能です。

【薬】

病気の治療や回復などを目的として作られており、
厚生労働省の認可を受け、薬事法に基づき定められたものです。

そのため、病院で診察を受け、処方箋がないと購入できません。

ダイエット薬の中には厚生労働省から認可されたものもあれば、
未承認のものもあります。

海外などは認可を受けていても、日本で未承認の場合は、
インターネットを通して個人輸入して購入する必要があります。

 

食欲を抑える!サノレックスとは!?


最初にご紹介するダイエット薬は「サノレックス」です。

この薬は厚生労働省に認可されている薬で、
病院で診察を受け、医師からの処方箋がないと手に入らない薬です。

サノレックスの主成分は「マジンドール」といい、
神経伝達物質であるトランスポーターの働きを阻害します。

トランスポーターの働きが阻害されると、
「アドレナリン」「ドパミン」「セロトニン」
などの量が体内で増え、満腹中枢を刺激します。

満腹中枢が刺激されると、「お腹が空く」という感覚が少なくなり、
食欲を自然に抑えてくれます。

食欲を抑制するサノレックスは、
BMI値が35以上、肥満度が+70%以上の高度肥満症患者を対象として処方されます。

このため、一般では手に入りにくい薬となっています。

1日1回1錠を昼食前に飲むだけでダイエットできる薬ですが、
3ヶ月ほどで耐性がつくため、服用期間は最長3ヶ月と決まっています。

副作用は、重症化するような症状は現れないと言われていますが、
「不眠」「頭痛」「便秘」など人によって症状が出る場合もあります。

 

脂肪の吸収を抑える!?ゼニカル!


「ゼニカル」というダイエット薬は、
食べた脂肪分の約30%を、体内に吸収させずに排出する薬です。

食事をしても30%は脂肪にならないため、
脂肪分の多い食事を好む人にとって効果的なダイエット薬と言えます。

なぜ、脂肪分を吸収せずに体外に排出することができるかと言うと、
「消化酵素であるリパーゼを長時間抑制する働き」があるからです。

脂肪分は胃の中でトリグリセリドに分解され、
それをリパーゼがグリセロールと脂肪酸に分解し、小腸で吸収されます。

リパーゼは分泌されないと脂肪酸もできないため、
吸収を抑えることができるのです。

日本では未承認ですが、
アメリカの食品医薬品局FDAの認可を受けており、
多くの人が使用しています。

1日3回3カプセルまで服用できますが、
「妊娠中や授乳中の女性」「胆嚢や腸に異常がある方」は服用できません。

また、他の薬と一緒に併用するのも避けましょう。

副作用としては、まれに肝臓や腎臓に障害が起きる可能性や、
胆石症になる場合もあるため、注意が必要です。

また、突然便意を感じたり、便失禁なども起こりうるので、
外出する前の服用は避けた方が無難です。



ダイエット薬はおすすめしない?


今回ご紹介した薬以外にも、
色々な種類のダイエット薬が販売されています。

しかし、薬は副作用がつきものです

肥満症などの病気でダイエットが必要な方はともかく、
一般的な健康体の方が、
ダイエット目的で安易にダイエット薬を服用するのはおすすめしません。

人間の体には「耐性」があり、最初は薬の効果で痩せても、
体が薬の成分に慣れると効果を発揮しなくなるからです。

だからと言って薬の量を増やすと、
副作用が強く現れる可能性も高くなります。

 

また、耐性があるため、長期的使用は難しく、
薬の服用をやめた途端にリバウンドする可能性もあります。

長期的な目で健康的に痩せるのであれば、
バランスの良い食事と運動が遠回りのようで意外とダイエットの近道なのです。

運動をして脂肪を減らし、
筋肉を増やせばそれだけで基礎代謝が上がります。

そして何もしていない時間も、
食事で摂った栄養はエネルギーに変わり、脂肪がつきにくい体になるのです。

運動することでストレス解消や良質な睡眠も期待でき、
ダイエット効果だけでなく、肌や髪が綺麗になるなどの美容や、
健康効果の恩恵も受けることができます。

 

安易に痩せる方法は、
安易に元に戻りやすく健康を害する危険性を含んでいます。

そのことをしっかりと頭に入れた上で、
ダイエットする際には、薬に頼るかどうかを考えて下さいね。

薬ではなく食事や運動などをサポートする、
ダイエットサプリを活用するのもオススメです。

シースルーライトBB+(プラス)の効果や飲み方、口コミを紹介【副作用はある?】 Smile Diet編集部が気になる商品を徹底検証!! 今回はダイエットサプリ売上No.1! シリーズ販売実績320...
ダイエットに効果があるおすすめ酵素サプリ15選!みなさんは『酵素サプリ』をご存じでしょうか? 酵素に関連するダイエット商品といえば、 「酵素ドリンク」や「粉末酵素」などがありま...

薬よりダイエットサプリがおすすめ!!

「薬がダメなら結局、痩せるサプリってどれなの?」

という本気で痩せたい女性の方に数あるダイエットサプリの中で
女性におすすめのダイエットサプリをピックアップしました♪

1位:大人のカロリミット
結果が出にくい大人に好評の人気サプリメント
抑制・燃焼系ダイエット市場売上No.1でシリーズ累計販売5,400万個突破の人気サプリメントです。
おすすめ度
特徴1日常生活における脂肪を代謝する力を高める
特徴2食事の糖の吸収を抑える
特徴3食事の脂肪の吸収を抑える

 

2位:生酵素
『生酵素』サプリメントの生みの親、元祖・生酵素。ダイエットサプリメント(その他)部門7年連続楽天1位の大人気商品です。
おすすめ度
特徴1222種類の植物発酵エキスが健康をサポート
特徴21粒あたりたったの34円!
特徴3ダイエットだけでなく美容にも効果あり!

 

3位:ミランダ
3つの特許取得成分3つのスタイルサポート成分を配合した女性向けの次世代ダイエットサプリ。
スマートなスタイルを目指す女性のことを考えて開発された女性のための美ボディサプリです。
おすすめ度
特徴1カラダ全体の巡りをサポートしてすっきりスタイルを実感
特徴2女性らしい綺麗なスタイルへ導く海洋成分配合
特徴3健康美に必要なミネラル成分を効率よく吸収するプロテタイト成分配合

 

自分に合ったダイエット法を探そう!

今回は、ダイエット薬のご紹介をしました。

海外の認可を受けていても、個人輸入で買える薬には、
副作用や健康を害する危険性も含んでいます。

今は様々なダイエット方法が溢れており、
たくさんの情報を手に入れることができます。

最初から薬に頼らず、
自分に合ったダイエット方法を見つけましょう。

そして楽しみながら痩せた方が、きっとダイエットも続くと思います。