その他

デスクワーク中にできる!ぽっこりお腹を引き締めるおすすめダイエット5つ

一日中座りっぱなしのデスクワーカーの方は、一日の運動量も少なくなりがちですよね。

  • 「最近お腹が気になる」
  • 「座りっぱなしで脚がむくむ」
  • 「体が冷えやすくなった」

など、体に関する悩みも多いのではないでしょうか。

実は、『デスクワーク中にできるダイエット方法』はたくさんあるのです。

運動不足が気になるデスクワーカーにおすすめなので、
さっそくチェックしてみましょう!

デスクワークダイエット① 姿勢を正して座る


一日中座っていることも珍しくないデスクワーク。

運動が少ない人は「ぽっこりお腹」を気にする人もいるのではないでしょうか?

実はそのお腹、座りっぱなしだけが原因ではないのです。

椅子に座ったとき猫背になっている方は、
その姿勢がぽっこりお腹の原因になっている可能性があります。

実は猫背になっているとき、お腹の筋肉、
つまり、腹筋はほとんど使われていない状態になります。

ずっと猫背のままになっていると、筋肉がゆるんでしまい、肋骨が開いて
「ぽっこりお腹」になってしまいます。

そんな猫背な方は、

椅子の背もたれを利用せず、腹筋や体幹で「上半身を支えるようにする」のが効果的です。

猫背になっていると、自然と顎が前にでる姿勢になっているので、
一度顎を引いて自分の姿勢を確認してみてください。

意識して座り方を改善するだけで、
「ぽっこりお腹」を「すっきり」させることができるので、試してみてくださいね。

デスクワークダイエット② 腹式呼吸で腹筋を使う

何気なく行っている呼吸も、
腹式呼吸にするだけで、腹筋を十分に活用することができます。

①椅子に座った状態で背筋を伸ばして、鼻から息を吸い込みます。
おへその下を膨らますイメージで空気を吸い込んでくださいね。

②口から、吸ったときの倍の時間をかけて吐き出します。
このときお腹をへこませるように意識して行いましょう。

1日10~20回ほど行うと、
腹筋と体幹を適度に刺激して、お腹周りの脂肪を燃焼させることができます。

デスクワークダイエット③ 適度に運動する

ずっと座りっぱなしの生活を送っていると、
筋力低下で痩せにくい身体になってしまいます。

また、ずっと同じ姿勢を取り続けると血液の循環が悪くなり、
むくみや冷えの原因にもなります。


デスクワークをしていると、
どうしても座りっぱなしの生活になってしまいますが、
健康やダイエットのことを考えた場合、どうすればよいのでしょうか。

デスクワークの研究に携わったデボラ・ヤング博士によると、
「定期的に運動していたとしても、座りっぱなしの生活を続けていれば寿命が縮まる恐れがある」
という研究報告があります。

研究結果では「座る時間を減らすこと」が効果的と述べているので、
座っている時間を短くして、動くことを習慣づけるようにしましょう。

運動1:階段を使う

デスクワーク中のちょっとした運動、
例えば『階段を使って脚の筋肉を使い、心臓に血液を循環させやすくする』など、
簡単な運動も効果的といえます。

ふくらはぎは第二の心臓といわれる部分で、
足の筋肉がポンプの役割をして、心臓に血液を送る働きがあります。

階段を上り下りするだけで、滞った血液を体中に巡らせることができるので、
デスクワークの休憩やリフレッシュを兼ねて、取り入れてみてください。

続けやすくて効果抜群!?階段ダイエットとは!?『階段ダイエット』というダイエット方法をご存知ですか? 今やたくさんのダイエット方法が溢れていますが、このダイエットはその名の通り...

運動2:座ったままストレッチを取り入れる

仕事が忙しいときは座ったままできるストレッチがおすすめです。

とくに脚の冷え&脚痩せ効果が期待できる「足上げ運動」が簡単です!

椅子に座った状態で、膝の角度を90度にします。
姿勢を維持したまま、ゆっくり膝を曲げて水平に近づけて、床から足を浮かせます。
そのまま姿勢をキープしたら、足をゆっくり下ろしてストレッチ完了です。

背もたれを使わず、腹筋を意識すると下腹のシェイプアップにも効果を発揮します。

痩せたいなら寝る前!簡単ストレッチダイエットの効果とやり方【楽に痩せれる】ストレッチダイエットとは 『ストレッチダイエット』とは、自宅で簡単に出来るストレッチで、 基礎代謝のアップや、脂...

デスクワークダイエット④ デスクワーカー向けのグッズを試す


体を動かす場面が少ないデスクワーカー。

しかし、グッズや器具を使えば、
仕事中や仕事の合間にダイエットや運動を行うことができます。

骨盤矯正ショーツやクッション

骨盤ショーツ・骨盤矯正クッションは、
使用するだけで骨盤矯正や足のむくみを改善するグッズです。

骨盤が矯正させることで、正しい位置に骨や筋肉が戻り、
血流改善や正しい姿勢へ改善することができます。

血流が改善されると、体の冷えが改善されて、 基礎代謝の低下を防ぐこともできます。

 

☆おすすめの骨盤矯正ショーツ

1.履くだけの魔法のショーツ『フライビシット』

2.くびれを作るシェイプアップショーツ!


☆売れ筋の骨盤矯正ショーツを確認したい方はこちら
骨盤矯正ショーツのAmazon売れ筋ランキング

 

☆おすすめの骨盤矯正クッション

1.Keciepo 第五世代座布団 低反発クッション

2.clife レディース専用美尻 健康クッション

☆売れ筋の骨盤矯正クッションを確認したい方はこちら
骨盤矯正クッションのAmazon売れ筋ランキング

 

脚のむくみには着圧ソックスやストッキング

脚のむくみに悩む方は、
着圧ソックスや着圧ストッキング、レギンスがおすすめです。

ソックスを履くだけで脚に適度な圧をかけることができ、
リンパの流れを改善して、水分を溜め込まないようにすることができます。

座りっぱなしのデスクワークは、
足から心臓にかけて血流を送りにくい状態になってしまいます。

こうしたグッズを上手に使うと、むくみ対策になっておすすめです。

 

☆おすすめの着圧ソックス、ストッキング

1.はいて寝るだけ-7cm『Angellir キュッとルームソックス』

2.美脚・むくみに効果絶大!!『魔法のキュットスリムシリーズ』

☆売れ筋の着圧ストッキングを確認したい方はこちら
着圧ストッキングのAmazon売れ筋ランキング

 

デスクワークダイエット⑤ 脂肪燃焼を促進する食事を心がける


ほとんど運動することがないデスクワークの方は、
もちろん食事に気をつかっている人も多いと思います。

動かないということは、
「摂取したカロリーのほんとんどが脂肪に代わってしまう」と考えても良いからです。

しかし、どんなにヘルシーな食事をしても、
低タンパクな食事を摂れば筋力が衰え、脂肪に変わりやすくなります。

かといって、カロリーの高い食事をするわけにもいきませんよね。

 

おすすめの食事方法は、
『脂肪燃焼を促す食材を取り入れる』方法です。

 

例えば、体の代謝を高めるビタミンを摂取すること。

代表的な食材は「小麦」「豚肉」「ごま」「ドライトマト」などです。

筋肉量の保持のため、肉や魚のたんぱく質は欠かせませんが、
ビタミンが含まれる食材と食べることで、脂肪になるのを防いでくれます。

また、トウガラシの辛み成分やカプサイシンは、「脂肪の分解」を助けてくれます。
汗の分泌も促すので、デトックス効果も期待できますよ。

仕事中もダイエットもこっそりダイエット!

運動不足になりやすいデスクワークですが、
ダイエット効果が期待できるグッズや、軽い運動を取り入れるだけで、
太りにくい体づくりができます。

ぜひ今回紹介した5つのダイエット方法を、
仕事の合間に取り入れてみてくださいね。