Smile Diet [スマイルダイエット]

女性を応援するダイエット情報サイト

その他

女性でも簡単!!EMSダイエットの効果とポイント

更新日:

「ダイエットをしたいけど、キツい運動は苦手」という人の中には、
『EMSダイエット』を検討したこともあるかと思います。

EMSを装着するだけで誰でも簡単にできるダイエット法ですが、
間違った使い方をしているとダイエットの効果は得られません。

しっかりとダイエット効果が得られるように、
EMSの効果的な使い方や注意点をご紹介します。

 

EMSとは?

『EMS』とは「Electrical Muscle Stimulation」の略称で、
電気を流すことで筋肉を直接刺激させ、
体を動かさなくても筋肉を運動した時と同じ状態にすることができる器具です。

 

本来、筋肉を動かすときは、
脳から微弱な電気信号を送ることで筋肉を刺激し、筋肉が収縮する仕組みですが、
EMSは、器具を体に装着して直接筋肉に刺激を与えることで筋肉の収縮が起こります。

基本的に装着するだけなので、
疲れることなく楽にトレーニングを行えるのが最大のメリットです。

 

また、医療機関でのケガのリハビリや疲労緩和など、
運動以外の目的でも使用されています。

 

ウエストが引き締まる!EMSのダイエット効果

基礎代謝が上がる

ダイエットで重要な「消費カロリー」の大部分は、
基礎代謝によって消費されています。

基礎代謝を上げるポイントとして、筋肉の量を増やすことが大切なのですが、
EMSで筋力トレーニングを行うことによって、基礎代謝をアップさせることができます。

基礎代謝がアップすると、
1日の消費カロリーも増えるので痩せやすい体質になります。

 

見た目が引き締まる

筋肉が増えることで痩せやすい体質になり、
見た目も引き締まります

アメリカの大学研究でEMS効果を検証したところ、被験者のお腹の筋肉がしっかりして、
ウエストサイズが3.5cmも減少した結果がでています。

最近では女性用EMSなども販売されているので、
ぽっこりしたお腹やウエスト、二の腕など気になる部位も引き締められることができます。

参考:米国ウィスコンシン大学のEMS効果を検証した研究結果(英語)

スポンサーリンク

後悔しないEMSの選び方

EMSは大きく分けて4つのタイプがあります。

「使用目的」「環境」「維持費」などを検討したうえで、
自分に合ったEMSを見つけてみましょう。

 

・パッド型

パッドを気になる部分につけ、電気刺激を与えるタイプです。
パッドの大きさはメーカーなどによって様々ですが、20cm以上のパッドもあります。

【メリット】

・気になる部位にピンポイントで刺激できる
・痛みや圧迫感を感じにくい

【デメリット】

・肌につけるパッドの吸着力がおちやすい(場合によっては交換する必要があり)

 

・ベルト型

ベルトを気になる部位に巻いて、刺激を与えるタイプです。

【メリット】

・筋肉の広い範囲に刺激を与えることができる
・痛みや圧迫感を感じにくい

【デメリット】

・専用ジェルが必要なことが多い(肌に当たる面積が広いため)
・ベルトの重さや圧迫感を気にする人もいる

 

・グローブ型

グローブにEMSの機能がついたものです。
気になる部位に触れることで、電気刺激を与えることができます。

【メリット】

・気になる部位ほぼすべてで使用可能
・指先で当て方を加減できるので、顔まわりなど気になるところにも効果的
・防水仕様の製品もある(お風呂で使用OK)

【デメリット】

・水が必要なことが多い(部屋などでは使いにくい)

 

・ハンディ型

ローションなどを使用して脂肪をもむタイプのEMS。
ダイエットや痩身エステなどで使用することが多いため、
女性向けEMS商品が数多く販売されている。

【メリット】

・基本的に全身で使用可能
・小顔ローラーなど美容的な機能が豊富
・価格が安い

【デメリット】

・筋トレとしての効果はほぼない

EMSダイエットの効果的な使い方

スポンサーリンク

基本的にEMSは筋肉を鍛える器具のため、
カロリー消費に効果が高い器具ではありません。

ダイエット効果でも記載しましたが、
『痩せやすい体』見た目の引き締め』
に効果を発揮する器具になります。

 

EMSで痩せやすい体にした状態で運動をすることで、
脂肪燃焼効果などをより高めることができます。

そのため、「ジョギング」「ヨガ」など、
簡単な有酸素運動と併用して行うことがオススメです。

 

では、EMSは「どのように使えばダイエットに効果的なのか」
正しい使い方を紹介していきます。

 

1.大きな筋肉から鍛える

効率よく脂肪を燃焼させることを考えた場合、
大きい筋肉から鍛えることで、基礎代謝量も増えていきます。

「お尻」「太もも」「お腹」などを優先的に鍛えることで、
痩せやすい体を作ることができるのです。

 

2.同じ部位に継続して使わない

部分痩せなどを考えた場合、
毎日同じ部位にやることが一番効率的に思うかもしれませんが、
筋肉を鍛える際には、筋肉を休ませることも重要です

筋肉は破壊と修復を繰り返すことで鍛えられます。

しっかりと修復できないと効果が上がりませんので、
痛みを感じ始めたらその部位は止めるなどの対応が重要です。

 

3.強度や時間を徐々に増やしていく

アメリカの研究では、徐々に時間や強度を増やしていくことで
EMS効果が出たという結果があります。

研究では最初の1ヶ月は30分間行い、
2ヶ月目に40分間に変更したところ、効果があるという結果でした。

また、EMSの強度も徐々に強めながら継続して行っているので、
EMSを使うときはこの2点を抑えておくと良いでしょう。

 

EMSを使用する時の注意点

心臓周辺は要注意

EMSは電気で筋肉に刺激を与える器具です。

そのため、電気の刺激に弱い心臓の周りで使用するのは注意が必要です。

説明書などにも注意書きなどが記載されているので、
必ず説明書の通りに使用するようにしましょう。

 

生理中のお腹まわりは使用しない

生理中のお腹が弱い時や敏感なときは、
電気の刺激が体に悪影響を与えて、お腹がゆるくなることがあります。

場合によっては生理痛を悪化させることもありますので、
生理中のお腹まわりの使用は控えるようにしましょう。

 

使用時間を守る

EMSは多くの種類が販売されていますが、
メーカーやタイプによって使用時間が異なります。

使用時間以上に使い続けると、皮膚への炎症やかゆみなどを起こすこともありますので、
正しい使用時間で継続して使うようにしましょう。

 

EMSでスリムな見た目を手に入れよう

EMSは、しっかりとポイントをおさえて正しく使用すれば、
ダイエットに非常に効果を発揮する器具です。

しかし、使い方を間違えると体に悪影響を与えることもあります。

メーカーやタイプによってEMSの種類も豊富にありますので、
自分の目的に合ったEMSを選び、運動と併用して行うようにしましょう。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-その他
-, , , ,

Copyright© Smile Diet [スマイルダイエット] , 2018 All Rights Reserved.