Smile Diet [スマイルダイエット]

女性を応援するダイエット情報サイト

食事

【ダイエット×プロテイン】効率の良い飲み方と注意点とは?

更新日:

スポンサーリンク

そもそもプロテインとは何者?

スポンサーリンク

 

「ダイエットにプロテインがおすすめ」

など最近よく耳にしますが、そもそもプロテインとは何なのでしょうか?

 

プロテインと聞くとサプリメントのイメージが強いように感じますが、
実際はタンパク質の英語表記が「Proteinつまり『プロテインなのです。

プロテイン(タンパク質)は、人間に必要とされている三大要素の内の一つであり、
筋肉・肌・髪・爪などの構成に必要不可欠な栄養素とされています。

 

摂取したプロテインは、体内で必要な形のタンパク質へと形を変えます。

中でも、アミノ酸をバランスよく含むタンパク質が良質とされており、
その含有内容は食材によって異なります。

 

プロテインを飲むだけではダイエットにはならない!

プロテインがダイエットに良いと話題になり、
プロテインのサプリメントを飲み始める女性が増えたようです。

しかし、飲むだけでは痩せないというのが結論です。

 

ではなぜ、プロテインがダイエットに人気なのでしょうか。

 

それは、プロテインが
トレーニングによる筋肉の成長や回復を助けると考えられているからです。

 

筋肉量が増えれば、基礎代謝が上がって脂肪の燃焼に繋がり、
さらには理想のボディメイクにも繋がると言われています。

単なる食事制限だけで痩せるのではなく、
筋トレやランニングなどで引き締めたい!という方に人気のダイエット方法なのです。

 

タンパク質の役割

タンパク質は、筋肉の成長に欠かせないものとして知られていますが、
実はそれ以外にも、重要な役割を担っていると言われています。

 

人間の体の約2割はタンパク質で構成されているそうです。

ご存知の通り約7割は水分。そして残りの約1割は炭水化物です。

人間の体の中で2番目に多い成分が、タンパク質という事になります。

 

また、体の臓器や皮膚、髪、爪などの構成に影響しており、
不足すると肌トラブルや髪のツヤやコシがなくなることもあるようです。

さらに、集中力・思考力・自律神経・精神状態・免疫にも関係があると考えられています。

 

ダイエットだからと言って無理な食事制限をすると、タンパク質不足に陥ることも。

トラブルを避けるためにも、バランスの良い食事で健康的に美しくダイエットしたいですね。

 

プロテインは大きく分けて3種類

「プロテインでのダイエットをしてみよう!」とお店を覗くと、
色々な種類のプロテインが並んでいて迷ってしまうかもしれません。

 

プロテインは大きく分けて3種類あります。

・ホエイプロテイン
・カゼインプロテイン
・ソイプロテイン

 

【ホエイプロテイン】

牛乳に含まれるプロテインのひとつです。

ヨーグルトの上に溜まる液体(ホエイ)は、
このホエイプロテインとミネラル、水溶性ビタミンでできています。

体内への吸収が早く、筋肉の回復に良いとされ、アスリートにも人気のプロテインです。

トレーニング後に摂取したいプロテインとして人気のようです。

 

カゼインプロテイン

カゼインプロテインもホエイプロテインと同じく牛乳に含まれていますが、
不溶性のため吸収がゆっくりなのが特徴です。

牛乳に含まれるプロテインの内、約8割がこのカゼインプロテイン。

ゆっくり吸収されるので、就寝前の摂取がオススメです。

満腹感が得られるとして、ダイエット中にも人気のプロテインです。

 

【ソイプロテイン】

大豆に含まれるプロテインで、上記2つのプロテインが動物性なのに対し、
ソイプロテインは植物性プロテインです。

ソイプロテインは吸収が遅いため腹持ちが良く、イソフラボンが含まれるため、
美肌や女性らしいボディラインをキープしつつダイエットしたい!
という方に人気のプロテインです。

食前に飲むことで満腹感が得られ、食事の量を減らせるとも言われています。

ただし、イソフラボンが女性ホルモンと似た働きをするので、
男性には不向きのプロテインとなっています。

 

特徴に合わせて選んでみましょう。

スポンサーリンク

飲むタイミング

プロテイン摂取のオススメのタイミングは4つあります。
しかし、1日に4回は過剰摂取になってしまう可能性があるので、
この4つの内1~2回にしましょう。

・朝
・就寝前
・トレーニング前
・トレーニング後

 

【朝】
朝の空腹時は栄養素の吸収がいいとされています。

忙しい時間帯でもあるので、
朝ごはんとしてプロテインのシェイクなどを活用するダイエッターも多いようです

 

【就寝前】
就寝の1~2時間前の摂取は、成長ホルモンの分泌が良くなるタイミングとの
相乗効果で筋肉が成長しやすいとされています。

 

【トレーニング前】
トレーニング前にプロテインを摂ることは、
筋肉の回復や疲労の軽減に良いと言われています。

 

【トレーニング後】
トレーニング後は吸収の早いホエイプロテインを30分以内に摂ることで
筋肉の回復や成長を促すとされています。

主に筋肉を付けたい男性に人気の摂取タイミングです。

 

生活スタイルやプロテインの内容によって摂取のタイミング、量を調整してみてください。

 

摂り過ぎは太る原因に

プロテインは体に必要な栄養素で、
「筋肉の成長」「満腹感」「美肌」「免疫」「精神面」にも
活躍してくれると言われていますが、だからと言って摂りすぎは禁物です。

 

必要以上のタンパク質を吸収してしまうと、
太ってしまう可能性があると考えられているからです。

更に、過剰摂取は「肝臓などの臓器に負担をかける危険性もある」とされています。

 

必要なプロテインの量は、性別や体重によって異なります。

プロテインを使ってのダイエットの際には、摂取量にご注意を!

 

置き換えダイエットはリバウンドに注意

「手軽で味も豊富で飲みやすい!」
そんなシェイクタイプのプロテインでの朝食や昼食の置き換えが人気を博している一方で、
「止めるとリバウンドしてしまった」という声も多いようです。

 

人によっては、ダイエット前の体重よりも増えてしまったという方も…。

 

やはりプロテインでのダイエットの際には、継続したトレーニングが必須です。

そして目標体重に到達したとしても、
3か月以上は続ける事がポイントとされています。

 

体重が減った際に、「体は飢餓状態だ」と認識して元に戻ろうと反応してしまうそうです。

 

そのため一時的に吸収が良くなり、
普段の食事に戻しただけでもリバウンドの危険性があるようです。

体に認識させるためにも、
最低3か月はトレーニングを続けることをオススメします。

 

プロテインを用いたダイエットのポイントまとめ

 

・プロテインを飲むだけでは痩せない。必ずトレーニングとセットで行なう事。
・プロテインは摂取のタイミング、量をきちんと確認して守る事。
・最低でも3か月以上トレーニングを続ける事

 

リバウンドを避けるためにも、急激な食事制限やトレーニングは避けましょう。

ストレスを溜めずにコツコツ徐々に痩せるイメージが、
リバウンドを回避するコツです。

 

女性におすすめのプロテイン

ジェシカズ・フォーミュラ

女性らしさをそだてるソイプロテイン
大豆由来のソイプロテインを使用。女性ホルモンに似た働きをもつイソフラボンや、脂肪燃焼を助けるサポニンが女性らしいカラダづくりをサポートしてくれます。

ファスタナ
ファスタナ

栄養管理士・ダイエット認定講師・モデルが監修!
ダイエットや美容に欠かせないプロテインと36種類の美容成分配合。本気で綺麗を目指す女性におすすめのプロテインです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-食事
-, , , ,

Copyright© Smile Diet [スマイルダイエット] , 2018 All Rights Reserved.