食事

寝る前はちみつダイエットの効果と痩せたやり方!睡眠の質と時間も大事

あなたは食事系ダイエットが続かずに、
諦めてしまったことはありませんか?

好きなものが食べられないとつらいし、
続けられなくてすぐリバウンド…
という悪循環にどうしてもハマってしまうんですよね。

しかし、今回ご紹介する
『寝る前はちみつダイエット』はそんな私たちの強い味方です!

寝る前にはちみつなんて太りそう・・・と思うかもしれませんが、
実はちゃんとしたダイエット効果があるのです。

といことで、この記事では
『寝る前はちみつダイエット』の効果痩せたやり方
そして実際の口コミ等もあわせてご紹介したいと思います。

ぜひあなたも、“寝る前のはちみつ習慣”でダイエットを成功させてくださいね!

寝る前はちみつダイエットとは

「寝る前はちみつダイエット」とは、その名の通り、
寝る前にはちみつを食べるというダイエット法になります。

もともとは、
イギリスの薬剤師(マイク・マッキネス)さんが考案したダイエット法
として話題となりました。

10年間も研究し開発されたこのダイエット法は、
正式名をハイパーネーションダイエットといい、
日本では翻訳されて

『冬眠式プラスはちみつダイエット―寝ている間にスリムになる』

という本が出版されており、
はちみつ魅力や効果について詳しく書かれています。

はちみつのカロリーは、大さじ1杯でおよそ62kcalです。

一方砂糖のカロリーは大さじ1杯でおよそ35kcal。

同じ分量で見ると、
なんと砂糖よりもはちみつの方が2倍近くもカロリーが高いのです。

それなら砂糖を食べたほうがいい!と思うかもしれませんが、
実ははちみつは砂糖の約3杯分の甘味があります。

ですからはちみつ大さじ1杯(65kcal)の甘味を感じるのに、
砂糖では大さじ3杯(105kcal)必要となってしまいます。

つまり、コーヒーやお菓子に甘味を加える場合、
同じ甘さなら砂糖よりもはちみつを使った方が低カロリーで済むということです。

 

なぜはちみつを寝る前に食べても太らないのかというと、
はちみつを食べることによって睡眠中の脂肪燃焼が促進されるからです。

寝る前はちみつダイエットの詳しい効果については次の項目でご説明します!

寝る前はちみつダイエットの効果

さっそく「寝る前はちみつダイエット」の効果を見てみましょう。

1.脂肪燃焼

まずはちみつには、
睡眠中の成長ホルモンの分泌を促進させる効果があります。

この成長ホルモンは、
体の骨や細胞を代謝して新しく作り出す働きをしますが、
この作業に体の脂肪をエネルギーとして使っています。

ですから成長ホルモンがたくさん分泌されれば、
それだけ脂肪燃焼も促進されるのです。

成長ホルモンが分泌されやすい睡眠の前にはちみつを摂ることで、
効率よくダイエット効果を得ることができます。

2.免疫力アップ

はちみつには、
蜜蜂が作り出す酵素によって免疫力をアップさせる効果があり、
風邪やインフルエンザの予防になると言われています。

またはちみつには抗菌作用や抗炎症作用もあるので、
口内の炎症や歯周病、風邪によるのどの炎症にも効くと言われています。

3.美肌

はちみつには、ビタミンB群やミネラルが豊富に含まれています。

これらは皮膚や粘膜の健康を維持する働きがあるため、
肌を美しく保つ効果が期待できます。

また高い抗酸化力のあるポリフェノールも含まれているので、
アンチエイジングにも効果的です。

4.便秘解消

はちみつには、
グルコン酸と呼ばれる成分にも腸内環境を整える効果があります。

この働きによって、便秘解消効果が期待できます。

5.薄毛対策

はちみつが分泌を促す成長ホルモンには、
育毛を促進させる効果もあります。

今ある髪を強く抜けにくくしてくれるので、
はちみつには薄毛対策の効果もあるのです。

寝る前はちみつダイエットダイエットのやり方

続いて「寝る前はちみつダイエット」のやり方を説明したいと思います!

寝る前はちみつダイエットのやり方は、
寝る前にはちみつを大さじ1杯食べます。

タイミングとしては寝る直前ではなく、
“寝る1時間ほど前”が最も効果的だと言われています。

寝る前はちみつダイエットの効果は、
成長ホルモンをいかに分泌させるかということがポイントになります。

ですから、ただはちみつを食べるだけではなく、質の良い睡眠が不可欠です。

最低でも6時間ほどは睡眠を取るようにしましょう。

 

また、胃の中に固形の食べ物が残っていると眠りが浅くなりやすいので、
寝る3時間前には食事を済ませた方が良いです。

そして夕食自体も普段と同じように食べてしまうと、
はちみつの糖質と合わせて”糖質の摂りすぎ”になってしまう可能性があります。

寝る前はちみつダイエットをする際には、
夕食の糖質をいつもより抑えるように心がけましょう。

 

そして食べるはちみつの種類についてですが、
加糖のものではなく”純粋はちみつ”を食べた方が、
ダイエット効果が得られやすいです。

そして加熱処理してあるものよりも非加熱のもののほうが、
栄養分がしっかり取れるというメリットがあります。

寝る前はちみつダイエットの注意点

ダイエット効果が得られる「寝る前はちみつダイエット」ですが、
始める前に確認すべき注意点があります。

 

★食べ過ぎない

はちみつの80%は糖質でできています。

いくらダイエットに効果的とはいえ、食べ過ぎると太ってしまいます。

目安量の大さじ1杯を守ることを心がけましょう。

そして夕食の食べ過ぎ・炭水化物の摂り過ぎにも注意です!

いつもよりも少なめに食べることで、
ダイエット効果が得られやすくなります。

★睡眠の質に気をかける

22時~2時は成長ホルモンの分泌が盛んに行われる時間帯です。

その時間帯になるべく睡眠を取ることが、
寝る前はちみつダイエットを成功させる大事なポイントです。

そして睡眠の質を妨げる要因は、

  • 遅い時間の夕飯
  • 寝る前のスマホ
  • 就寝中の明かり

など色々あります。

逆に、少しぬるめのお風呂にじっくり浸かったり、
寝る前に軽いストレッチを行ったりすることは、
睡眠の質を高める効果があります。

ダイエットを成功させるためにも、
今の生活習慣を見直してみると良いでしょう。

★毎日続ける

はちみつを食べるだけのダイエットなので、
すぐに痩身効果があるというわけではありません。

毎日の積み重ねで脂肪燃焼効果を引きだし、
少しずつ痩せていくことを目的としたダイエットです。

数日で諦めたりせず、数か月単位で取り組んでみましょう。

ダイエット効果以外の美肌効果や健康効果も、日々の積み重ねが大切です。

はちみつは体に良い成分ばかりなので、
ぜひ毎日コツコツ続けて習慣にしていただきたいです。

寝る前はちみつダイエットのおすすめレシピ

寝る前に”はちみつを大さじ1杯”といっても、
普段はちみつに馴染みがないと、
「毎日続けるのは難しい…」「味に飽きる…」という方もいるかもしれません。

その場合は、アレンジしたレシピを取り入れて
はちみつの味に慣れたり、マンネリを防止してみましょう!

 

【レシピ1】青柚子はちみつ

Cpicon 青柚子はちみつ by MEGO♪

【材料】

青ゆず小2個
生はちみつひたひた分

①青ゆずは洗ってよく乾かしておきます。

②薄くスライスして瓶に縦に詰め、
空気を抜きながら蜂蜜をひたひたに入れて、
1番上は横に寝かせて入れます。

③蓋をして一晩常温でおき、
一晩経つと水分と蜂蜜が上下に溜まるため、
瓶を逆さまにして濃度を均一にします。

④振り混ぜながら一週間経過したら、
お湯割りで飲んでみてください♪

【レシピ2】ホットジンジャーはちみつレモン

風邪に負けるな!ホットジンジャーはちみつレモン
風邪に負けるな!ホットジンジャーはちみつレモン

料理名:生姜蜂蜜レモン
作者:Mickey the Mouse

■材料(1人分)
はちみつ(オススメはマヌカハニー) / 小さじ3
シナモンパウダー(なくても可) / 少々
すりおろした しょうが / 小さじ1/2~1
レモン汁 / 小さじ3~4
りんご酢(黒酢や普通の酢でも可) / 小さじ1~2
熱湯 / 200cc

■レシピを考えた人のコメント
生姜・シナモン・酢の効果で身体の芯からポカポカしてきますよ♪
はちみつ・レモンで栄養補給し、身体を中から温めて風邪を撃退!
黒酢やマヌカハニー使用で効果UPも!

詳細を楽天レシピで見る

【レシピ3】リンゴ酢&蜂蜜ドリンク

リンゴ酢&蜂蜜ドリンク
リンゴ酢&蜂蜜ドリンク

料理名:リンゴ酢&蜂蜜ドリンク
作者:スパイスmama

■材料(2人分)
リンゴ酢 / 25cc
蜂蜜 / 70cc
水、氷 / 400ml

■レシピを考えた人のコメント
夏にピッタリ!!さわやかジュース!

詳細を楽天レシピで見る

寝る前はちみつダイエットの口コミ

寝る前にはちみつを摂取している方の口コミをみてみましょう。

 

【口コミ1】

【口コミ2】

 

View this post on Instagram

 

❤︎ ❤︎ いつも夜のお風呂上がりと、朝起きてすぐ体重測ります。 当然寝てる間に代謝が起きて、夜に比べて朝は体重が落ちてるわけなんだけど、最近その落ち具合がそうでもない時があって…😓 Instagramには、朝の体重しかpostしてないけど、毎日2回測ってると、何日かあんまり減らない日が続いたりして、寝てる間の代謝が十分じゃない感じ。なんでだろー?って。 気になってgoogle先生に聞いたら、寝てる間に成長ホルモンが分泌されると体脂肪を燃焼して身体の修復をしてくれるんだけど、十分なエネルギーがないと成長ホルモンが分泌されず、代謝も起きないと。 もしかして、私もそーゆーこと? 低糖質の1日1食にしてるからエネルギーが足りなくて逆に代謝が落ちてるのかな?って。 で、さらに調べたら 『寝る前はちみつダイエット』ってのがヒット‼️ 寝る前にスプーン1杯の天然のはちみつを摂って、手っ取り早くブドウ糖を補給して成長ホルモンの分泌を助けよう! て、ことらしいです。 そういえばヨーグルトも朝よりも腸が活発になる寝る前に食べるのが効果的らしいし、いっぺんに食べちゃおう🎵 てことで2日前から試しに、寝る1時間前にR-1ヨーグルト+ハニーナッツと白湯を摂ることにしました✨ それで、22時から2時までの成長ホルモンのゴールデンタイムを含んだ6時間以上しっかり、ガッツリ寝るのがポイントだそうな💤 出てこい成長ホルモン❗️ 上がれ代謝‼️ 2日目の今のところいい感じな気がする🎵 どのくらい効果あるのかな?ちょっと試しに続けてみます( ・́∀・̀)ヘヘヘ . 食べなければ痩せるって訳じゃないのは分かってたけど、食べないから痩せないなんて事があるなんて、ダイエットってほんと奥が深い!😳💨 もっと勉強したくなりました! ❤︎ #diet #寝る前はちみつダイエット #寝る前ヨーグルトダイエット #白湯ダイエット #ハニーナッツ #R1ヨーグルト #お試し #公開ダイエット #ダイエット仲間募集 #ダイエッターさんと繋がりたい ❤︎

やちちさん(@diet_yachichi)がシェアした投稿 –

寝る前はちみつダイエットのまとめ

今回は『寝る前はちみつダイエット』についてご紹介しましたが、
いかがだったでしょうか?

一見ダイエットの敵と思われそうなはちみつですが、
寝る前に食べることで意外なダイエット効果があります。

甘くて美味しいから自分へのご褒美感覚で食べられますし、
ダイエット効果だけではなく嬉しい美容効果も!

お酢やフルーツと組み合わせて摂るのも、
さっぱりとしてまた違った風味が楽しめます。

ダイエットを成功させたい人だけではなく、
風邪を引きやすい人や健康を気遣う人にもはちみつはおすすめですよ。

ぜひあなたも『寝る前はちみつダイエット』をやってみてくださいね!