食事

おでんダイエットのやり方とカロリー!痩せる理由やおすすめの具材は?

皆さんは、おでんは好きですか?

今ではコンビニでも年中買えるくらい人気の食べ物ですが、
おでんと聞くと何となく高カロリーなイメージがある人も多いと思います。

しかし、なんとこの美味しいおでんで”ダイエット”ができるのです!

この記事では、おでんダイエットの効果や実際の口コミ、
効果的なやり方などをご紹介していきたいと思います!

ぜひ最後まで読んで、あなたもおでんを食べながら理想の体型をゲットしましょう。

おでんダイエットとは


「おでんダイエット」とは、
文字通りおでんを食べて痩せるダイエット法です!

地方によってしょうゆ味のものや味噌で煮込んだものなどがありますが、
どの味付けでもOKです。

 

おでんは、大きく分けて4つの種類に分けられます。

①動物性たんぱく質(魚のすり身なども含む)
→卵、ちくわ、はんぺん、さつまあげ、牛すじなど

②植物性たんぱく質(大豆などを使っているものなど)
→厚揚げ、がんもどきなど

③炭水化物系
→餅巾着、ちくわぶ、じゃがいもなど

④食物繊維系
→大根、こんにゃく、しらたき、昆布など

 

おでんダイエットでは、
この4種類の中から具材をバランスよく食べるのがコツです。

おでんは”だし”がしみ込んでいて旨味たっぷりですが、
意外と低カロリーな具材も多いので、ダイエット向きの食品なのです。

おでんの具材のカロリーについては、中盤で詳しくご説明します!

おでんダイエットの効果や痩せる理由

まず「おでんダイエット」の効果や、痩せる理由について説明していきます。

 

1.水分が多く満腹感がある

おでんはだし汁で煮込んでいるので、水分を多く含んでいます。

おでんを食べると一緒に多くの水分を摂取するため、
その分、満腹感が得られます

他の料理と比べて具材をたくさん食べなくても満足感を得やすいので、
結果的に摂取カロリーを抑えることができ、ダイエット効果につながるのです。

 

2.糖質が低い

おでんの具材は全体的に糖質が低めです。

その上たんぱく質や食物繊維はしっかり摂れる具材も多く、
全体的におでんの具材はダイエット向きのものが多いです。

糖質が低めだからと言って、
お米をいつも通り食べてしまうとなかなか痩せられないので気を付けましょう。

 

3.体が温まって代謝アップ

おでんを温かいうちに食べれば、体がぽかぽかに温まります。

そのため血行が良くなり、代謝がアップするのです。

定期的に温かいものを食べると痩せやすい体作りができるので、
冷え性の人にもとてもおすすめのダイエット法です。

 

おでんダイエットのやり方

『おでんダイエットのやり方』をご紹介します!

やり方は簡単で、1日1食おでんを食べるというだけです。

自分でおでんを作っても良いですし、
今はコンビニやスーパーでもすぐに食べられるおでんが売っています。

 

おでんを食べるタイミング

摂取カロリーが多くなりがちな昼食夕食の時がおすすめです。

食べる量はだいたい具材を3~5個くらいにしておきましょう。

 

具材の選び方

ダイエットを意識し過ぎて低カロリーなものばかりを選ぶと栄養が偏りますし、
かえって痩せづらい体になったり、肌質や髪質に悪影響を与える可能性もあります。

そのため、たんぱく質が摂れる具材もきちんと食べましょう。

そして、おでんだけでは「ビタミン」や「ミネラル類」が不足するので、
サラダを追加したり、忙しい場合は野菜ジュースを飲むことをおすすめします。

また、おでんの具材の選び方によっては糖質がかなり低くなります。

どうしても満腹感が足りない場合には、
小さめのおにぎりなどを追加しても十分カロリーは低めに抑えられます。

 

食べる順番

おでんを食べる順番は、
食物繊維の多いもの(大根やこんにゃくなど)から先に食べるのがおすすめです。

食物繊維を先に摂ることによって糖分の吸収がゆるやかになり、
体に脂肪を蓄積しにくくなるのです。

また、最後の方に糖質やカロリーの多いものを食べることによって、
消化がゆっくりになり腹持ちも良くなります。



おでんダイエットの注意点

次に「おでんダイエット」の注意点について書きます。

 

1.カロリーや糖質の高い具材には注意

おでんの具材の中でも、
例えば「ちくわぶ」や「もち巾着」はカロリーや糖質が高いので太りやすいです。

ダイエット目的で具材を選ぶのであれば、
「カロリーの低いもの」と「タンパク質」や「食物繊維」が摂れるものを
組み合わせて食べるようにしましょう。

 

2.摂取カロリーの減らしすぎに注意

「こんにゃく」「しらたき」「大根」などはカロリーが低いですが、
これらばかりを食べるとカロリーの摂取量が少なすぎて体を壊してしまう可能性があります。

それだけではなく、体が逆に脂肪を溜め込もうとして痩せづらい体になってしまいます。

これらのみを食べるときは豆乳をプラスして飲んだり、
豆腐やチキンのサラダを追加したり、ご飯を少し食べるのがおすすめです。

 

3.塩分の摂りすぎに注意

おでんはしょうゆや味噌で煮込んでいるため、塩分が高めの料理になります。

具材をたくさん食べてしまうと塩分の摂りすぎになります。

目安量の3~5個を守ると同時に、
おでんの汁はなるべく飲まないように注意してください。

もし自分でおでんを作ることができる人は、少し味を薄めにして作るのが良いでしょう。

おでんダイエットでおすすめの具材/注意すべき具材




続いて、「おでんダイエット」で、
”おすすめの具材””注意すべき具材”をご紹介します!

▼おすすめの具材

【具材1】大根

大根はカロリーが低く、食物繊維も摂れるのでおすすめです。

水分をたくさん含むので、大根を最初に1つ食べれば結構お腹が膨れます。

 

【具材2】こんにゃく

こんにゃくもカロリーが低く、食物繊維が摂れます。

よく噛まないと呑み込めないので、
自然と咀嚼回数が増えて満腹中枢を刺激してくれます。

また他の具材と比べるとやや味がしみこみにくいので、
塩分の摂取量も抑えることができます。

しらたきも同じくカロリーがとても低く。おススメの具材の一つです。

 

【具材3】つみれ

魚のすり身を使用しているつみれですが、食べごたえのわりにカロリーは低めです。

良質のたんぱく質もしっかり摂れますし、
ぎゅっと固めてあるので咀嚼回数も増えます

同じような具材の中では、
ちくわやはんぺんなども同じく魚のすり身を使用していて、低カロリーなのでおすすめです。

 

★★コンビニのカロリー比較★★

セブンイレブンローソンファミリーマート
大根味しみ大根=8つゆしみ大根=11厚切大根=9
こんにゃく味しみこんにゃく=6こんにゃく=8国産こんにゃく=8
つみれおさかなつみれ=44つみれ=40つみれ=48

※2018年10月時点の情報です。

 

▼注意すべき具材

【具材1】ちくわぶ

ちくわぶは小麦粉を練って成形したものです。

ちくわと似ていますが、ちくわは魚肉が使われているので全くの別物です。

ちくわぶが好きという方もたくさんいると思いますが、
ちくわぶはカロリーも糖質も高く、なおかつ栄養もあまり摂れないのでダイエット向きの食材ではありません。

 

【具材2】餅巾着

餅巾着も同じくカロリーも糖質も高いです

餅自体がご飯よりも糖質が高いので、
餅巾着を食べるよりも少量のご飯を一緒に食べるほうがおすすめです。

餅が入った巾着以外にも、野菜や豆腐が入った巾着もあります。

巾着が好きな方は、餅入りよりもそちらを選ぶと良いでしょう。

 

【具材3】たまご

たまごは糖質はあまり高くありませんが、カロリーはやはり他の具材と比べると高めです。

ただタンパク質はちゃんと摂れるので、
他の低カロリーな具材と合わせて食べるのは良いと思います。

卵には、肌をキレイにする成分も含まれているので、
美容効果はありますが、食べ過ぎには注意しましょう。

 

★★コンビニのカロリー比較★★

セブンイレブンローソンファミリーマート
ちくわぶ味しみちくわぶ=92ちくわぶ=111ちくわぶ=78
もち巾着餅入り巾着=133国産もち米使用餅入巾着=105餅入り巾着=112
たまごこだわりたまご=80濃い黄身たまご=72~83㎉(地域によって異なる)こだわり味付けたまご=75

※2018年10月時点の情報です。

 

おでんダイエットの口コミ

実際におでんダイエットをした人の感想をみてみましょう。

 

【口コミ1】

 

【口コミ2】


 

【口コミ3

 

View this post on Instagram

 

この最近おでんフィーバー😂😂😂 . おでんの時期になると、おでんしか食べなくなる(笑) . からだあったまる~ . おかげ?で、体重は一時67.1kg→65.9kgに👍🏾 ヘルシーかつ腹持ち良いし、体温めて代謝上がるからかな? . . 牛すじと大根はマスト . 無いとテンション下がる…訳ではなく、 近隣のセブン探しまくる😂w . . 昨日はテルマー湯でアカスリ&泊まりー . 明日日サロ行くから、綺麗にやけるように🙌🏾アカスリ . って、あるK-1選手がインスタで言ってたから真似っ子(笑) . 実は日サロ意識しないでアカスリは普段から行ってたけれど、色がムラなくこんがりい~い感じに焼ける気はする! . アカスリも気持ちよかったし、また来月行こうっと😍 . . #ライザップ #ライザップなう #ライザップ女子 #体重公開 #体重公開ダイエット #体重管理 #低糖質 #低糖質ごはん #低糖質ダイエット #糖質制限 #糖質制限ダイエット #糖質制限メニュー #外食で糖質制限 #おでん #おでんダイエット #食いすぎ #1日3食これでいい #関西風が好き #温泉から出勤 #体ポカポカ #歩いただけで汗かく

mari.uさん(@bannli.0610)がシェアした投稿 –

 

おでんダイエットのまとめ

今回は『おでんダイエット』についてご紹介しました。

味の滲みた美味しいおでんでダイエットができるなんて理想的ですよね!

 

おでんは具材の種類もたくさんあるので、
毎日食べても飽きにくいというメリットもあります。

色々なところで気軽に買えるおでんですが、
もしお時間がある方はぜひ手作りしてみてくださいね。

味噌味にしたり、洋風やトマト味にしたりしても意外と美味しいです!

無理せずに美味しく痩せたいという方は、ぜひ「おでんダイエット」をお試しください。