食事

酵素ダイエットは意味がない?!ファスティングのやり方と注意点

酵素とは?

「酵素」とは体内で生成される、消化や代謝を助ける
触媒(特定の化学反応の反応速度を速める物質)のことです。

食べ物を消化・吸収・排泄するまでに、
深くかかわっていると考えられています。

【酵素の特徴】

  1. 酵素は、体内でタンパク質を素にして生成されます。
    熱や酸性の濃度などによって影響を受け、失活してしまうこともあるようです。
  2. 酵素は、食べ物の発酵にも使われており、
    味噌や醤油などの製造に欠かせない存在となっています。

「風味やコクが増す」「保存性が高くなる」「栄養価が上がる」
「栄養の消化・吸収が上がる」などのメリットがあるとされています。

最近、酵素の消化や代謝のパワーに注目が集まり、
「酵素ドリンク」や「酵素サプリ」などをよく見るようになりました。

酵素ドリンクを1食分置き換えるダイエット法や、
ファスティングという断食も、それに伴って始める女性が増えたようです。

 

体内の酵素は20代から徐々に減り始め、
40代で急激に減少すると言われています。

「加齢によって痩せにくくなった」
「太りやすくなった」とよく耳にしますが、
これは体内の酵素の量が減ってきているからかもしれませんね。

 

酵素への勘違い?


酵素ダイエットブームに乗って、酵素ドリンクの1食置き換えや、
ファスティングを始めようとする方もいらっしゃると思います。

酵素ダイエットを始める前に、知っておきたい「勘違い」とは?

 酵素の摂取はできない?

酵素ドリンクや酵素サプリ、味噌やキムチといった発酵食品などの飲食で、
『体内の酵素を補う』というのは少し難しいのかもしれません。

口から酵素が体内に入ると、消化器官はタンパク質として、
その食べ物や飲み物を消化・分解するそうです。

酵素は、基本的に”生物の体内で生成される”と考えられているため、
口から酵素を取り入れ、
その酵素が体内で活躍するというのは難しいという説
があります。

そのため、酵素ドリンクや酵素サプリは、
栄養がぎゅっと詰まっているので、
栄養補助という考えでの摂取が効率的なようです。

 

特に酵素ドリンクは種類にもよりますが、
「乳酸菌」「オメガ3」「6」のオイル・ケール・スーパーフード・生姜
などが含まれていたり、
長期熟成された酵素のお陰で体への吸収が良くなっていたりするそうです。

ダイエットとしての期待値には届かないものの、

  • お通じが良くなった
  • 肌荒れが良くなった
  • 朝起きるのが楽になった

などの声もあるようです。

「生」だからいい酵素という訳ではない?

酵素は35~40℃の中で活動し、
それを超えると失活する
と考えられています。

だからと言って、
製法が非加熱処理の酵素ドリンクやサプリが良いという訳ではないようです。

酵素ドリンクは体内に吸収される際、
タンパク質として分解され「アミノ酸」となります。

生かどうかと言う以前に、酵素の摂取に疑問を持つ声も…

 

酵素を飲んでいればカロリーオーバーをしてもいい?

酵素を飲んでいるから代謝酵素が良く働き、
カロリーの消費を促すと勘違いすることも。

「逆に太ってしまった」という意見の中にはこのような過信もあるようです。

ファスティング、プチ断食=ダイエットではない?


酵素ダイエットでオススメされるのが、「ファスティング(断食)」

実はファスティングでのダイエット効果の即効性は、
あまり期待しない方が良いようです。

ファスティングの目的は体をリセットし、

  • 体と頭をすっきりさせる
  • 内臓を休める
  • 免疫力UP
  • 自律神経を整える
  • アンチエイジング

などがメインのようです。

ドイツなどの医療先進国でもファスティングはブームとなっており、
昔の宗教的な断食のイメージが払拭されつつあると言われています。

 

食べ物は約10時間をかけて体を通過し、排出されると考えられています。

朝昼晩と食事をする生活では、内臓が休まる時は一時もありません。

内臓を休めることで体をリセットでき、
疲労回復や免疫力のUPなど健康面でのメリットが見込めるそうです。

 

しかし、ダイエット効果が全くないという訳ではないようです

 

断食は月に1~2度が良いとされており、それを繰り返すことによって、
体内環境が改善されて痩せやすい体になると言われています。

そして断食することによって、
大きくなっていた胃袋が小さくなって、食べる量が減るという見方も。

ファスティングは、即効性のダイエットと見なすよりも、
徐々に体質を改善させる方法の一つとして認識した方が無難かと思います。



ファスティング(断食)のやり方


ファスティング中は、固形物を口にしません

液体のみでの栄養補給となるので、
栄養価が高くて吸収が良い酵素ドリンクは、体に負担が少なく、
ファスティングとの相性がいいと言われています。

ファスティングは、
月に1~2回無理なく行なうのが良いでしょう。

 

準備期間(前日)

夕飯は軽めにし、アルコールは禁止

1日目

:ヨーグルトやおかゆ、具の入っていないお味噌汁など
昼・夜:酵素ドリンク、具の入っていないお味噌汁、無添加の野菜ジュースなど

※水を2~2.5L飲む。

2日目

朝・昼:酵素ドリンク、具の入っていないお味噌汁、無添加の野菜ジュースなど
:おかゆを通常の半分の量に

※水を2~2.5L飲む。

復帰期間

:おかゆを通常の量に
:通常のメニューを少量で摂る

ファスティング中は水分の摂取をこまめに行い、1日2~2.5Lの飲用を。

固形物を食べないため、
消化時に体温の上昇があまりされないそうです。

入浴や散歩など軽めの運動で血行促進がオススメです。

 

ファスティング前後を含め、アルコール・喫煙・刺激の強いものなどは、
体に負担がかかってしまうようです。

ファスティング後の食事の量にもご注意を。

消化力が下がっているので、
急に固形物を大量に摂るのは、体に負担かつリバウンドの原因に

 

ファスティングが難しいようであれば、”夕食だけのプチ断食”もオススメです。

夕食を抜くことで内臓が休まり、体をリセットできると言われています。

プチ断食

:軽く摂る
:酵素ドリンク、具の入っていないお味噌汁、無添加の野菜ジュースなど

翌朝:少なめのおかゆ
:消化に良いものを少量で
:通常のメニュー

ファスティング中は無理なく、
体調が悪くなった際はすぐに止めてください

週末など、ゆっくりできる日が最適です。

 

効果が実感できるのは、3ヶ月ごろからだと言われています。

無理な断食や食事制限は、
逆にリバウンドの可能性が高くなります。

無理なくゆっくりと体質の改善を行い、健康的にダイエットを行ないましょう。