Smile Diet [スマイルダイエット]

女性を応援するダイエット情報サイト

運動

トランポリンで心も跳ねて楽しくダイエット!

投稿日:

トランポリンダイエットとは

 

『トランポリンダイエット』とは名前の通り、
トランポリンで運動して痩せるダイエット方法です。

トランポリンといってもあまり身近に感じない方もいらっしゃるかもしれませんが、
今はインターネットの通販などで手軽に購入でき、
小さいサイズで邪魔にならない商品も多く販売されています。

トランポリンをしたことがない方も、
簡単にできるダイエット方法をご紹介します。

 

トランポリンダイエットの効果・メリット

1.自宅にいながら自転車や散歩と同じ消費カロリー

トランポリンは全身を使って跳んでいるので、気晴らし程度に跳ねるだけでも
効率よくカロリー消費ができると言われています。

METsで他の運動と比較すると、
トランポリンが他の運動と見劣りしないことがわかります。

※METs(Metabolic equivalents)とは国際的にも使われている運動強度を表した単位です。

運動 METs
トランポリン(気晴らし程度 3.5
トランポリン(競技) 4.5
自転車(8.9km/時以下) 3.5
エアロバイク(30~50ワットの非常に楽な設定) 3.5
散歩 3.5

 

下記計算式にトランポリンの3.5(METs)を当てはめると、
体重50㎏の人が30分トランポリンをすると、92kcal消費します。

自宅に居ながら自転車や散歩と同じカロリーを消費できるのは嬉しいですね。

▼METsを用いた計算式
エネルギー消費量(kcal)=1.05×METs×運動時間(時間)×体重(kg)

 

2.バランスよく体を鍛え美肌効果も期待できる!

トランポリンは全身運動です。

足場の不安定なトランポリンを上手に使って飛び跳ねる運動は、
下半身の筋肉を鍛えることができます。

女性が気にする太ももやふくらはぎ、お尻などの引き締め効果はもちろん、
体幹を鍛えるのでお腹周りや二の腕まで、バランスよく鍛えることができるのです。

上下に体を揺らすことで血流が改善され、
そのことによって、むくみの解消美肌効果なども期待できます。

 

3.楽しくストレス解消&デドックスできる!

トランポリンは飛び跳ねる運動です。

リズムに乗って楽しく飛び跳ねるだけでダイエットができます。

日常生活では味わえないような躍動感溢れる動きが新鮮で、
飽きることなく楽しみながら運動できるので、ダイエット特有のストレスもかかりにくく、
日頃のストレス解消にも効果的です

また、運動して汗を流すことでデトックス効果も期待できます。

 

トランポリンダイエットのやり方

トランポリンダイエットのやり方は簡単です。

 

1.最初は、トランポリンに慣れることから始めましょう。

まずは、トランポリンの上で飛び跳ねます。
その際に、まず倒れずにきちんと着地できるかチェックします。
きちんと着地できないようでしたら、まず着地の練習からします。

 

2.着地がなんなくできるようであれば、まず真っ直ぐ上下に飛んでみましょう。

慣れてきたら、腕を上下に振ると、
二の腕のシェイプアップや肩こり解消に効果的です。

 

3.そして、普通のジャンプをなんなくこなせるようになったら…

ジャンプごとに足を左右に開閉したり、腰をひねったジャンプをしたり、
足を前後に踏み出すようなジャンプ、
ジャンプごとに体を少し回転させるなどバリエーションを増やして、動きに変化をつけます。

動きに変化をつけることで、よりバランスよく体を鍛えることができると共に、
飽きが来ずに楽しく運動し続けることができます。

 

インターネット上にトランポリンエクササイズの動画も公開されているので、
そちらを参考にしてもよいかもしれません。


引用元Moteco Beauty

トランポリンダイエットの注意点

・きちんと準備運動、運動後ストレッチを行う

これはトランポリンに限らず、どの運動でもそうですが、必ず準備運動を行いましょう

トランポリンの上で飛び跳ねる運動は全身運動なので、
しっかり準備運動を行わないと怪我をするリスクが高まります。

特に、足場が不安定な場所に着地をするので、
足首はより念入りにストレッチをすることをおすすめします。

また、運動後もしっかりストレッチを行いましょう。

運動のストレッチをしっかり行うことで、筋肉痛が酷くなるのを防ぎます。

また、運動後の温まった体でストレッチを行うことで、体の柔軟性を高めることができます。

 

・食後すぐは行わない

トランポリンは体を上下に飛び跳ねる運動なので、
食後すぐは避けましょう

食後すぐに行うと、胃の中の食べ物がせり上がり、
気分が悪くなる可能性や逆流する危険性があります。

どうしても食後にしたい場合は2時間以上空けてから、行いましょう。

 

また、空腹状態で行うのもおすすめしません

トランポリンは運動量の多いエクササイズなので、空腹で行うとエネルギー不足がおこり、
筋肉を分解してエネルギーを得ようとする働きが起こりかねません。

また、エネルギー不足で気分が悪くなる可能性もあります。

バナナなど消化がよく、エネルギーになるものを軽く食べる、水分をしっかり摂るなど、
水分不足やエネルギー不足にならないように気をつけましょう。

 

騒音に気をつける

トランポリンは、器具の上で上下に飛び跳ねる運動なので、
騒音振動が気になる場合もあります。

特にマンションやアパートなど、自分の部屋の下の住人に気を使う必要があります。

・トランポリンの下にマットを引く
・トランポリンを行う時間帯に注意する
など周りに迷惑がかからないように工夫しながら行いましょう。

 

トランポリンダイエットのまとめ

いかがでしょうか。
トランポリンダイエットのやり方や、どのような効果があるのかご紹介しました。

トランポリンは日常であまり行うことがなく、身近ではないかもしれませんが、
運動量も多く、動きのバリエーションもあって、ダイエットにもってこいのエクササイズです。

これを機に是非、トランポリンダイエットにチャレンジしてみましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-運動
-,

Copyright© Smile Diet [スマイルダイエット] , 2018 All Rights Reserved.