運動

女性におすすめのダンベルダイエットとは?

 

ダンベルといえば「男性のトレーニング器具」
といったイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。

しかし、最近女性の間でダンベルダイエットが話題になっています。

 

ダンベルダイエットで筋肉をつけずに、
引き締まった美しい体になるにはどんな方法があるのでしょうか。

今回は、ダンベルダイエットの効果や方法を詳しくご紹介します。

 

美しい体にはある程度の筋肉が必要!

[originalsc]

 

ダンベルダイエットはダンベルを使用して筋力トレーニングを行い、
『筋肉の量を増やすことで基礎代謝を上げること』を目的にしているダイエット方法です。

基礎代謝が上がると消費カロリーが増えるため、痩せやすい体になるのです。

 

「ダンベルを使うと筋肉がついて腕が太くなる」というイメージがありますよね。

実際、日々トレーニングで鍛えているアスリートは体が大きく、
筋肉に覆われていてたくましい方がほとんどだと思います。

 

特に女性は、「ダンベルを使うと筋肉で腕が太くなるのでは…」と
心配になってしまうのではないでしょうか。

しかし、空いた時間にダンベルを使って筋トレをする程度では
太くなることはありませんので、安心してください。

むしろ脂肪燃焼しやすい体を作るためには、
筋肉を増やすことが効果的なので、筋トレを行う方が良いと言えます。

 

ダンベルダイエットの効果

ダンベルで筋トレを行うことによって、
筋肉の量が増えて基礎代謝が上がります。

基礎代謝は何もしなくても消費されるカロリーなので、
上がれば上がるほどダイエットに効果を発揮するのです。

 

また、筋肉が増えると有酸素運動を行った際に、
脂肪燃焼の効果も上がります

そして筋肉がつくことによって体が引き締まるので、
たるみのないスリムな体になります。

 

体重が減ったとしても、
脂肪ではなく筋肉が減ってしまったら意味がありません。

筋トレで筋肉量を増やしつつ、脂肪燃焼しやすい体を作りましょう。

 

筋力トレーニングの種類

筋トレには
コンパウンド種目(複合関節種目)アイソレーション種目(単関節種目)
の2種類があります。

 

コンパウンド種目

コンパウンド種目は、一つの動作で複数の関節を動かす筋トレです。

全身の筋肉を鍛えることから、バランスよく筋肉量を増やすことができ、
基礎代謝を効率的に上昇させることができます。

 

アイソレーション種目

アイソレーション種目は、一つの動作で一つの関節のみ動かす筋トレです。

気になる部位を集中的に鍛えることができることから、
ボディメイクが目的の方におすすめの方法です。

コンパウンド種目と異なり、全体の筋肉を鍛えることはできませんが、
二の腕、お腹など気になる部位の引き締め効果が期待できます。

[originalsc]

ダンベルダイエットのやり方

ダンベルダイエットを行う際は、
あまり重いダンベルは使わないようにしましょう

女性でしたら1~2㎏のダンベルでちょうど良い重さです。

水を入れて重さを調整できるタイプは、
100円ショップなどでも販売しているため、手軽に購入できると思います。

 

また、ダンベルダイエットは、
1日15~30分の筋トレを週に3~4回のペースで行えば効果が出ると言われています。

筋肉は負荷をかけることで、破壊と修復を繰り返して成長していきます。
痛みがある時に無理に筋トレを続けても、効果はありません。

自分のペースで、適度に筋トレを行いましょう。

 

ダンベルダイエットのおすすめメニュー

 

ダンベルダイエットのおすすめメニューを2つご紹介します。

 

ダンベルスクワット

①両手にダンベルを持ち、胸を張り背筋を伸ばします。

②膝を曲げて腰を落とし、太ももと床が平行になったら立ち上がります。

これを10回繰り返し、3セット行います。

大腿四頭筋、ハムストリングス、大臀筋などの下半身の筋肉が鍛えられます。

 

ダンベルデッドリフト

①ダンベルを二つ床に置き、しゃがみます。

②その体制のままダンベルを握り、背筋を伸ばしたまま立ち上がります。

③ダンベルを床に近い位置まで下ろします。

これを10回繰り返し、3セット行います。

ハムストリングス、大臀筋、脊柱起立筋など背中や下半身が鍛えられます。

 

ダンベルダイエットで痩せやすい体作り

ダンベルダイエットは
筋トレを行うことで基礎代謝や脂肪燃焼が向上します。

そのため、短期的な効果は乏しく痩せないと判断する人も多いのですが、
諦めずに継続的に続けた人のみ効果を実感することができます。

誰でも簡単にでき、見た目の引き締めにも効果があるおすすめのダイエット方法です。