Smile Diet [スマイルダイエット]

女性を応援するダイエット情報サイト

運動

下半身痩せに効果的!フラフープダイエットの効果とやり方

投稿日:

ダイエット効果抜群のフラフープ

 

子供の頃によくフラフープで遊んだ方も多いと思います。

そんなフラフープを使用したダイエット方法が、
くびれや下半身痩せに効果があると人気です。

 

フラフープは、ランニングや水泳と同じくらいカロリーを消費するため、
ダイエットにも効果的な運動です。

しかし、フラフープの使い方や重さによってはあまり効果を得られませんので、
一緒に詳しくチェックしていきましょう。

 

フラフープはジョギングと同じ有酸素運動

 

大きな輪っかを腰でゆっくり回するのが『フラフープ』ですが、
フラフープはランニングや水泳と同じ有酸素運動なのです。

 

フラフープダイエットの消費カロリーは、
10分間で約100kcal程度と言われています。

 

スペースをとらずに屋内・屋外ですることができるので、
毎日の習慣としてフラフープの有酸素運動を取り入れるようにしましょう。

 

フラフープダイエットの効果とは?

 

フラフープのダイエット効果は、お腹周りに目が向きがちですが、
実は「太もも」や「腕周り」のダイエットにも効果的です。

部分別にそのダイエット効果を詳しくみてみましょう。

 

お腹周りで腹筋強化

一般的に、腹筋などの筋トレで鍛えられるのは、
身体の外側にある筋肉です("白筋"とも呼ばれます)。

一方、フラフープで鍛えられるのが、
"赤筋"とも呼ばれる体の中心にあるインナーマッスルです。

 

主に「股関節」「肩関節」「体幹部」などにあり、体幹や腹部の筋肉を使うフラフープは、
まさにインナーマッスルを鍛えるにはぴったりの運動になります。

インナーマッスルを鍛えることで、「腹筋強化」「基礎代謝の向上」が期待できます。

 

基礎代謝は1日の消費カロリーを高めてくれるため、
結果的に痩せやすい体づくりができます。

 

ぽっこりお腹がへこむ

猫背になっていたり、骨盤が歪んでいると、
骨盤に支えられている内蔵が下に下がりやすくなります。

すると手足は太っていないのに、下っ腹が不自然に目立つ体型になってしまいます。

 

しかし、インナーマッスルを鍛えることで、
「骨盤の歪みを矯正」「肩・腰の負担を軽減」するなどの効果が期待されます。

「なかなかぽっこりお腹が解消されない…」という方は、骨盤のゆがみが原因かもしれません。

「下っ腹が気になる」という方も、ぜひフラフープを取り入れてみてください。

 

手足の部分痩せもできる

フラフープのいいところは、
お腹周りだけではなく、手足の部分痩せにも応用できるところです。

例えば二の腕が気になる場合、
二の腕にフラフープを通して、そのまま腕を動かしてフラフープを回します。

すると二の腕の筋肉を使って、効率よく腕痩せをすることができます。

 

重いダンベルを持ち上げたりする必要がなく、
適度に腕に負担をかけて部分痩せの効果を得られるのは、フラフープのメリットといえます。

腕と同じように足でフラフープを回せば、脚痩せダイエットにも応用できます。

ダイエットにおすすめのフラフープ

 

フラフープでダイエットをする場合は、
自分に合ったフラフープを使うことが大切です。

 

重さは軽すぎても回しにくいですし、重すぎると腰を痛める原因になります。

 

初心者は500g前後のフラフープから始めてみましょう。

また子ども用の小さめのフラフープなどもありますが、
大人が使う場合は、直径90~100cmほどの大きさを目安に選ぶのがおすすめです。

 

凸凹のフラフープの方が効果があるの?

フラフープの中には、
皮下脂肪を刺激するために、凸凹デザインのものを見かけます。

一見、脂肪燃焼には良さそうですが、日本人の皮膚は外国人に比べ薄いため、
凸凹のフラフープを回すと、予想以上に痛みを感じる場合があります

あくまで『インナーマッスル』や『腹筋強化』でダイエット効果を発揮するものと考えて、
一般的なフラフープから挑戦するのがおすすめです。

 

フラフープダイエットの効果的な回し方

 

フラフープはジョギングと同じ有酸素運動ということもあり、
基本的にはゆっくり長く回すと、ダイエット効果も高そうですよね。

しかし、上手にインナーマッスルを使わなければ、フラフープを長時間回しても、
あまり効果を得られずに、お腹が痛くなるだけという結果になりかねません。

 

水平になるように回す

フラフープを回すときは、
フラフープが上下にぶれず、水平になるように意識するのがポイントです。

またフラフープに慣れてきたら、ゆっくり腰を回して、
フラフープの回転を緩やかに調整するのもおすすめ。

 

早く回せばフラフープは水平になりやすくなります。
ゆっくり回しながらフラフープを水平に保つのは、
インナーマッスルを使うため、意外と難しい方法です。

しかし、骨盤を意識して効果的にインナーマッスルを刺激することができるので、
フラフープに慣れてきたら、ゆっくり回してみてくださいね。

 

一日にどれくらいやるのが良い?

 

10分間で約100kcalものカロリーを消費するフラフープですが、
一日にどれくらい消費すればダイエットに効果的でしょうか。

 

フラフープ初心者さんは10分間からスタートし、
慣れてきたら30分~60分へと、徐々に回す時間を増やすのがおすすめです。

 

インナーマッスルがある程度鍛えられていない状態ですと、
腰や身体の負担が大きくなってしまいます。

フラフープを継続的に回せるように、徐々に体を慣れさせてくださいね。

 

フラフープダイエットに挑戦!

インナーマッスルを鍛えるにはぴったりの『フラフープダイエット』を紹介しました。

フラフープに慣れてきたら、重さを変えたり、
回すスピードをゆっくり変化させてみてくださいね。

すっきりくびれのあるお腹を、今日からつくり始めましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-運動
-, , , ,

Copyright© Smile Diet [スマイルダイエット] , 2018 All Rights Reserved.