Smile Diet [スマイルダイエット]

女性を応援するダイエット情報サイト

運動

痩せたい女性にオススメ!!ロードバイクダイエットの効果とやり方

更新日:

ランニングに代わるロードバイクダイエットが人気!

スポンサーリンク

ダイエットには脂肪燃焼効果のある「有酸素運動」が効果的です。

 

代表例はランニングですが、
普段、運動不足の人がいきなりランニングを始めても
継続するのはなかなか難しいですよね。

とくに、体力面で体に負担がかかりやすい女性は、
ランニングなどの激しい運動は疲労感を感じやすく、継続が難しいと感じる人もいると思います。

 

昨今、女性の中でランニングに代わって注目を集めているのが
「ロードバイク」です。

 

実はランニングより負担がかからないのに、
ウォーキングよりしっかり消費カロリーを高めることができるのです。

ロードバイクは強度調節もできるため、
走ることや疲労感を伴う筋トレが苦手な人にもおすすめです。

 

ロードバイクとは

 

ロードバイクは、舗装道路での高速走行を目的に設計されている自転車です。

 

幅広い変速ギアと軽量という特徴から、
自転車の中でもトップクラスのスピードを出すことができ、
長時間や長距離の走行にも適しています

 

一般的なママチャリは重さが20㎏近くあるのに対して、
ロードバイクは8㎏以下の重さが主流です。

 

ギアチェンジによって負荷を細かくコントロールできるため、
体に負担をかけずに有酸素運動を行うことができます。

 

ロードバイクと有酸素運動の関係性について

 

人は運動をする際、肝臓や骨格筋に蓄えた糖質を消費します。

しかし、長時間運動が続くと、蓄えた糖質では足りないと察知して、
体脂肪を分解してエネルギーに変換します。

 

このとき大量の酸素を取り入れながらエネルギーに変換することから、
有酸素運動と呼ばれています。

 

有酸素運動は、長ければ長いほど脂肪燃焼効果が上がります

そのため、長時間走行に適していて、細かく体に負荷をかけることができるロードバイクは、
有酸素運動にピッタリの自転車といえます。

スポンサーリンク

ロードバイクで消費できるカロリー数

 

ロードバイクのメリットは、
長時間続けることができる点にもあります。

 

ランニングの場合、
1時間運動を続けると、すぐに息切れしてしまう方もいると思います。

 

しかし、ロードバイクは1時間漕ぎ続けても、
細かく負荷をコントロールできるので、あまり疲労感を感じません。

 

ロードバイクのエネルギー消費量(kcal)は
METs(メッツ)を使うことによって簡単に試算できます。

エネルギー消費量(kcal)=強度(メッツ)×時間(h)×体重(kg)×1.05

 

◆体重60kgの人がランニング(8km/h)を行った場合◆
METs値は8.3になるので、1時間の消費カロリーは約522kcalになります。

◆同じ人がロードバイク(19.3-22.4km/h)で運動をした場合◆
METs値は8.0になるので、1時間の消費カロリーは約504kcalになります。

 

1時間あたりの消費カロリーは、ランニングの方が多くなりますが、
ロードバイクは、長時間長く漕ぎ続けることができます。

結果的に走行距離がランニングより多くなり、
消費カロリーもほとんど変わらない結果になります。

 

ロードバイクのおすすめの走り方

 

ランニングより疲労感は感じにくいですが、初心者がいきなり長距離から始めると、
体力的に負担を感じやすく、継続するモチベーションが下がってしまいます。

 

少し遠出するサイクリング感覚で、目標を決めてやるのがおすすめです。

 

また、最初の20~30分は糖質が優先的に燃焼されるため、脂肪が効率よく燃焼されません。

脂肪の燃焼効率を考えると、最低30分以上は運動するようにしましょう。

 

ロードバイクダイエットを続けるには?

 

外を気持ちよくサイクリングしながらダイエットができる『ロードバイク』。

 

長時間の移動も楽しみながらすることで、モチベーションが上がります。

行ったことのないお店までロードバイクで走ってみたり、
ちょっとした観光気分で走るのもおすすめです。

 

また、長時間走行する際は、休憩場所や補給食などもチェックしておきましょう。

ロードバイクは、1時間で500kcal以上は消費します。

長時間走り続けると、体力が消耗してしまいます。

 

コンビニなどが少ない道路などもありますので、補給食は必ず携帯するようにしましょう。

 

おすすめの補給食

 

補給食は大きく分けて、固形タイプ液体(ジェル)タイプの2種類ありますが、
固形タイプは腹持ちが良く、液体タイプは吸収が速いのが特徴です。

コンビニやスーパー、ネット通販などで購入することができます。

身近な食べ物から専門的な補給食もありますので、
今回は身近な食べ物でおすすめの補給食を紹介します。

 

カロリーメイト

日本人なら誰もが知っている大塚製薬の栄養補助食品。

コンビニならほぼ確実に売っているため、
サイクリング中でも気軽に購入することができます。

身体に必要な5大栄養素をバランスよく補給することができて、
味やタイプも豊富にあるので、自分の好みで選ぶことができます。

また、ブロックタイプは1本100kcal
ゼリーとドリンクタイプは1つ200kcalのため、
カロリー計算も簡単にすることができます。

参考記事【カロリーメイトでダイエット】健康的に痩せたい時はコレ!

 

ウイダーinゼリー エネルギー

こちらもコンビニに売っている定番商品の一つです。

パッケージに「10秒チャージ」と書いてあるとおり、
手軽に素早く栄養補給したい人向けのゼリー飲料です。

味はマスカット味でカロリーは180kcalです。

 

SOYJOY

カロリーメイトを販売している大塚製薬の栄養食品です。

大豆をまるごと使用した低GI食品のため、
糖質コントロールがしやすく、太りにくい食品です。

味の種類は10種類以上でカロリーも約115~146kcalとそれほど高くありません。

 

チョコや菓子パン、羊羹

コンビニで気軽に購入できる定番商品の中にも、オススメの補給食はあります。

チョコなら1本数十円で買えるブラックサンダーやスニッカーズ、
パンはスティック型のパンや、ミニサイズのあんぱん、クリームパンなどがあります。

また、羊羹についてはコンビニなどでミニサイズが販売されており、
夏でも溶けたりすることなく、栄養を補給することができます。

 

ロードバイクで楽しくダイエット

 

女性のロードバイク人気が高まってきており、メーカーによっては
体が小さい女性向けに設計したロードバイクも販売しております。

 

ギアの調整などで体への負荷も自由に変えられることから、
自分のペースでダイエットを始めてみましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-運動
-, , , ,

Copyright© Smile Diet [スマイルダイエット] , 2018 All Rights Reserved.