Smile Diet [スマイルダイエット]

女性を応援するダイエット情報サイト

部位

【下半身痩せダイエット】下半身太りの原因は?女性は太りやすい?

投稿日:2018年3月15日 更新日:

女性に多い「洋ナシ型」とは

 

女性は将来出産を控えているため、
元々下半身に脂肪が付きやすいと言われています。

また、女性の場合は主に、
骨盤の歪みが原因で下半身が太りやすいという人が多いようです。

・気付くとスカートが回ってしまっている
・Gパンのチャックが下がってくる
・O脚・X脚
などの心当たりがある方は、骨盤の歪みが原因の可能性があります。

 

『足がむくみやすい』『お尻や太ももの後ろのお肉がボコボコ』『冷え性』などは
むくみによるセルライトが原因かと思われます。

私もそうですが、両方当てはまるという方も多いのではないでしょうか。

 

脚はダイエットをしても、なかなか痩せにくい部分と言われています。

特に一度ついてしまったボコボコとした脂肪、
セルライトは落とすのが容易ではありません。

セルライトが付く前に対策を打ちたいところです。

 

骨盤の歪みによる下半身太り

骨盤は出産でかなりの歪みとダメージを受けますが、実は日々の習慣でも歪むため、
出産を経験したことの無い女性でも、下半身太りに陥る可能性があります。

 

骨盤の歪みは、背中の歪みやストレートネックなども引き起こすそうなので、
早めにケアをしたいところ。

酷くなると「腰痛」「首コリ」「肩コリ」「偏頭痛」などを
引き起こす可能性もあるようです。

 

骨盤の歪みや広がりは、脂肪の付き方に大きく影響を与えます。
多くの女性が骨盤の広がりに陥っているそうです。

 

骨盤が広がっていると骨盤の横の骨、大転子(だいてんし)が出っ張った状態に…

大転子が出っ張った状態になると、Gパンのサイズ合わせが難しくなり、
・ウエストに合わせるとヒップが引っかかる
・ワンサイズ上げると脚の部分がフィットしない
などの問題が出てきます。

 

骨盤が広がると太ももとヒップに脂肪が付きやすくなり、
典型的な下半身太りになってしまいます。

 

◆骨盤が歪む原因

やはり大きな原因は妊娠・出産ですが、
・姿勢の悪さやデスクワークなどの長時間の座った姿勢、
・運動不足による筋力の低下
も骨盤が歪む原因とされています。

特に、
・片足に重心を掛けて立つ
・脚を組んで座る
・猫背
・片方の腕ばかりで鞄を持つ
・横座り
などの姿勢の悪さは、身に覚えがある方もいるのではないでしょうか。

 

◆骨盤の歪み対策

やはり一番は接骨院や整体、カイロプラクティック(整体と同じ民間の手技療法)
定期的に通う事が歪みを正す近道です。

間違ったセルフケアによって体を痛める心配もありません。

しかし保険外となる場合が多いため、出費がかさむことがデメリットです。

 

普段の姿勢を意識することも大切です。

・歪まないようにする
・脚を組まないようにする
・背筋を伸ばすようにする

など少しの気遣いでも姿勢は変わってくるかと思います。

綺麗な姿勢は骨盤の歪み対策のみでなく、若見え効果もあるので、
ダイエットとアンチエイジングの一石二鳥に。

 

骨盤矯正のヨガのポーズを習慣にするもの良いですね。

「猫と牛のポーズ(キャット&カウ)」


引用元: MAMA USAGI

「ワニのポーズ」


引用元nanapi [ナナピ] | 生活の知恵があつまる情報サイト 公式チャンネル

「橋のポーズ」


引用元nanapi [ナナピ] | 生活の知恵があつまる情報サイト 公式チャンネル

などが、簡単で初心者でも行ないやすくオススメです。

バランスをとるのが難しいのですが、
木のポーズも骨盤矯正や足の強化に良いとされていますので、チャレンジしてみてください。

セルライトによる下半身太り

よく耳にするセルライト』とは?

セルライトとは、
皮膚の下にある脂肪が水分や老廃物とくっついて肥大化したものです。

肥大化した脂肪は皮膚を内側から押してしまうため、
ボコボコとした見た目になってしまいます。

 

セルライトが発生する原因

主な原因として挙げられるのが、
「血行不良」「冷え」「水分代謝の不良」「リンパの循環不良」などです。

「運動不足」「加齢」「カロリーオーバー」「水分不足」「冷え性」など
日常の生活習慣が影響を与えているようです。

血液やリンパの流れと共に水分も体内を循環しているため、
それらの循環を妨げる事がむくみにも繋がってきます。

 

意外なことに、水分不足によるむくみも多いケースのようです。

 

水分が足りないと、体は水分を溜め込もうと反応し、
水分代謝が悪くなってしまうそうです。

1日に摂りたい水分の目安は「体重×30ml」と言われており、
「モデルが水をよく飲む」という話は単に満腹感によるカロリーコントロールだけでなく、
こういった事にもよるのかもしれませんね。

※ライフスタイルや年齢などで25~40mlに変動

 

また、濃い味付け、特に塩分もむくみの原因と言われています。

1日の塩分摂取目標量は成人「男性:8g未満、女性:7g未満」とされていますが、
超えていませんか?

ラーメン1杯につき約6~8gの塩分が含まれているので、
それだけで女性の目標数値を超えてしまいます。

塩分の摂取が多くなると、体内の塩分濃度を下げようとして
体が水分を溜め込みやすくなると考えられています。

その結果むくみやすくなり、特に血液やリンパの流れが悪くなりがちな下半身、
とくに足がむくむという訳です。

 

余分な水分が溜まった部分は脂肪と水分がくっつき、
セルライトになってしまうのです…!

 

セルライト対策

1.ふくらはぎは、血液やリンパの流れを促すポンプのような役割をしているそうです。

座りっぱなしはむくみやすくなるため、
小まめにトイレ休憩を挟むなど動くことを意識するだけでも違うようです。

席を離れられない場合は、足首を回すだけでもふくらはぎに刺激を与えられます。

 

2.冷えは多くの女性が抱える問題ではないでしょうか。

冷えは肌荒れ、腰痛、肩こりなどの原因になりますが、
血行不良による水分代謝の悪化にもつながるとされています。

暖かい恰好をするだけでも、血行不良や水分代謝の不良を避けることができ、
セルライト予防に繋がります。

 

3.1日「体重×30ml」の水を飲むことで、水分代謝の活性化と食事制限にもなり一石二鳥!

日本の水は主に軟水で癖が少なく飲みやすいですが、
硬水にチャレンジしてみるのも良いかもしれません。

硬水はミネラルを豊富に含むため、健康と美容に一役買ってくれます。

 

4.食事は味を薄めに。

薄味にすることで塩分を控えたり、
ソースやドレッシングのカロリーを抑えることができます。

塩分の摂り過ぎはダイエット面だけでなく、
高血圧など健康面にも影響を与えるので控えめを意識しましょう。

 

5.お風呂上がりのリンパマッサージで気分もリフレッシュ。

むくみ対策として人気なのがリンパマッサージです。
毎日行なうことで、セルライト対策にもなります。

 

下半身痩せに良いと人気のエクササイズ

骨盤の歪みやむくみ対策に加えて、
下半身痩せに良いと言われているエクササイズもチェックしてみましょう。

 

・基本のスクワット


引用元ダイエットTV《メディシル》

足を肩幅に開き、両手を前に出します。
ゆっくりと腰を下ろし、太ももと床が水平になるよう意識します。

 

・O脚改善スクワット


引用元:みらいクリニックフットケアセンター

足を大きく開き、つま先を外に向けます。
つま先の方向に膝を出すイメージで曲げます。

太ももの内側が鍛えられ、O脚の改善に

 

・縄跳び

海外でも縄跳びダイエットが密かなブームのようです。

1分間:60回程度のペースを3分間、これを3セット行ないます。
休憩を挟みつつ無理なく行ない、徐々に時間を延ばしていきましょう。

他にも、ウォーキングやジョギングなども脚痩せに人気の運動です。
まずは簡単なものから始めてみてくださいね。

脚痩せに良いと言われているエクササイズは、膝や腰に負担がかかりがちのようです。
違和感を感じたときは、無理せず中断をしてください。

参考記事【縄跳びダイエット】筋力UPや部分痩せにも期待大!

 

下半身痩せで健康にもアプローチ!

骨盤矯正や食事制限、スクワットなどの運動は健康面でもメリットが沢山。

私も実際に整体に通い始め、
ウエスト周りと骨盤周りのスッキリ感と、腰痛と首コリの緩和を感じています。

無理なくダイエットをしつつ、健康促進も狙っていきたいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-部位
-, ,

Copyright© Smile Diet [スマイルダイエット] , 2018 All Rights Reserved.